[Stage][773] 七海ひろき主演『RED&BEAR クイーンサンシャイン号殺人事件』(予告)

2020年1月上演の七海ひろき主演舞台『RED&BEAR クイーンサンシャイン号殺人事件』のキービジュアルと詳細が発表されています。

七海ひろきさんInstagram(@hirokinanami773)より

View this post on Instagram

☆ 舞台「RED&BEAR~クィーンサンシャイン号殺人事件~」のキービジュアルが公開されました。 あの日の赤髪は、この為でしたーーー!! 撮影の日、西岡德馬さんとお会いしたのですが、温かさそして、全てを包み込んで下さる大きさと深さを感じました。ご一緒させて頂ける事が今から楽しみです。 そしてそして、佐奈宏紀さん、近藤頌利さん、遊馬晃祐さん、正木郁さん、三原大樹さん。皆さん凄く素敵で、並びを見るだけでワクワクします。そこに、茨城の町おこしフェスでご一緒した、新田恵海さんの可愛さが相まって、一体、どんな作品になるのか。2020年1月は、REDとして生きたいと思います!! . #redandbear #キービジュアル #西岡德馬 さん #佐奈宏紀 さん #近藤頌利 さん #遊馬晃祐 さん #正木郁 さん #三原大樹 さん #新田恵海 さん

A post shared by 七海ひろき (@hirokinanami773) on

“[Stage][773] 七海ひろき主演『RED&BEAR クイーンサンシャイン号殺人事件』(予告)” の続きを読む

[Stage] 『WEST SIDE STOY in STAGE ROUND』来日版/日本人キャスト版

IHIステージアラウンド東京で、【来日キャスト版】と【日本人キャスト版Season1 】の『WEST SIDE STOY』を観劇しました。

  • 来日キャスト版(10/27)千秋楽
  • 日本キャスト版Season1 (11/12)

WSSは1957年のブロードウェイ初演から62年経過したにも関わらず、世界各地で再演を繰り返し、劇団四季でロングラン(残念ながら未見)、宝塚歌劇では昨年宙組が上演。来年12月にはスティーヴン・スピルバーグ監督によるリメイク版映画が全米公開予定というロングラン作品。

“[Stage] 『WEST SIDE STOY in STAGE ROUND』来日版/日本人キャスト版” の続きを読む

[Stage][OG] 柚希礼音『LEMONADE』

REON YUZUKI one-man show ミュージカル「LEMONADE」

柚希礼音・芸歴20周年記念の1人ミュージカル(one-man show)
作・演出:小林 香

幕開け。ドラマシティの舞台の上に、白いガウンに黒いパンツ、裸足の柚希礼音が踊り出て、柚希礼音で埋め尽くされた世界が始まったのを感じた。

LEMONADE
LEMONADE

“[Stage][OG] 柚希礼音『LEMONADE』” の続きを読む

[stage] 『サムシング・ロッテン!』

福田雄一作品好きの友人におすすめ頂いた『サムシング・ロッテン!』。1月12日(土)12時オリックス劇場で観劇しました。オリックス劇場は始めてだったのですが、大阪厚生年金会館をリノベーションしたもので、おしゃれな劇場でした。総席数2,400席。

Something Rotten!キャストが実際に身に着けた衣装の展示

“[stage] 『サムシング・ロッテン!』” の続きを読む

[stage] 『レベッカ』(2)終

映画(映画スクエア>レベッカ)は資産家だが俗っぽいところがあるマキシム(ローレンス・オリヴィエ)と若く美しいが貧しくてちょっと野心のある「わたし」(ジョーン・フォンテイン)と、コワモテの母的なダンヴァース夫人(ジョージ・サンダース)による心理サスペンスなのだが、舞台は見え方が全然違う。

『レベッカ』でヒロインが「わたし」で名前が載っておらず、後半に「ド・ウィンター夫人」と呼称される。原作の小説は未読なのだが、一人称「わたし」の視点で物語が紡がれる形式なのだろう。そのため映画で名前がなく、舞台でもついていない。「わたし」が誰かに名前を尋ねられる場面や呼ばれる場面すら描かれていない。マンダレイのことを知らない「わたし」の視点で何もかもが手探りで始まる。『レベッカ』は「わたし」の物語なのだ。

【げきぴあ】の『レベッカ』インタビュー&レポート

“[stage] 『レベッカ』(2)終” の続きを読む

[stage] 『レベッカ』(1)

ミヒャエル・クンツェ&シルヴェスター・リーヴァイのコンビによる『レベッカ』は8年ぶり、3度目の日本上演。シアタークリエ開場10周年記念公演だそう。

ダフニ・デュ・モーリエの小説『レベッカ』原作のロマンティック・ミステリー。同小説を原作にヒッチコック監督によるサスペンス映画『レベッカ』(1940年)が制作されている。『エリザベート』・『モーツァルト! 』・『レディ・ベス 』などのクンツェ&リーヴァイの作品にしては物語は小粒に感じて、どちらかというとキャストの歌とお芝居で作品を堪能した。

つらつら書いていたら長くなったので2回に分けました。

“[stage] 『レベッカ』(1)” の続きを読む

[stage] 『マイ・フェア・レディ』

12月8日~12月30日までシアタークリエで上演中のミュージカル『オン・ユア・フィート!』に出演中の7代目宙組トップスター・朝夏まなとの女優デビュー作。Wキャストで、もう一人のイライザは神田沙也加。さーやの声質と歌声も心地よいので両キャスト見たかった。

G2氏のリボーン(再生)版演出で、イライザとヒギンズ教授のカップリングは固定ということだったので、観劇は1回ずつになりました。まぁ様の回には雪組のだいもん(望海風斗)、ひーこさん(笙乃 茅桜)、咲ちゃん(彩風咲奈)と観劇が被りました。

梅田芸術劇場メインホールにて
・10月20日(土)12:30公演:朝夏まなと・寺脇康文 出演
・10月21日(日)12:30公演:神田沙也加・別所哲也 出演

“[stage] 『マイ・フェア・レディ』” の続きを読む