[Zuka] 今月のお言葉~七海ひろき

「歌劇」誌創刊100周年にちなんで、スターが”100”にまつわる様々な質問に答えます!About”100″ という企画が4月号から始まりました。4月号はかいちゃん(七海ひろき)となぎしょ(彩凪翔)が、OFFとONの二つに絡んで答えています。かいちゃんのお答えで私が好きだなと思ったのを今月のお言葉として置いておきます。全貌はぜひ歌劇誌をお買い求めください。

Q.100年先も変わらない譲れない信念

「(略)すべての方に好きになっていただくのは無理なので、100人いたら80人の方に楽しんでもらえるような、あとの20人の方にも ”好きじゃない” でもいいので、何かを残せるような芝居をし続けていきたい」

(About”100″ / 七海ひろき / 歌劇2018年4月号 )

89期、みんなそうですが、4月1日付けで研究科16年です。私はかいちゃんのお芝居が好きで(もちろんビジュアルも好きです)、創り上げる人物像が好きなので舞台に立ち続けて欲しいと思っているのですが、上のようなスタンスだったのね、とキュンとしました(こんなところでときめく)。

細やかなお芝居の割に、About”100″ の答え方は「心」一つに、心のこもった舞台、感謝の気持ち、自分のスタイルを貫く心の強さ等々を全部放り込んでいるシンプルなお答え。アバウトと言えばアバウト、包容力といえば包容力。25ansインタビューでも「メンタルが全て。心が全て見えるのが舞台だから…」とコメントしていて、本音なんだろうなぁと思いますが、底知れぬ中身よ(笑)。

男役を極めたいと言っていたら、ショーで女泥棒が来ちゃったみたいですが、それこそ男役だからこそできる女役をカッコよく決めてください♡

[stage] 第43回菊田一夫演劇賞

第43回菊田一夫演劇賞の演劇賞を原田諒氏が受賞したそうです。

  • 演劇賞
    「ベルリン、わが愛」「ドクトル・ジバゴ」の脚本・演出の成果に対して』

SNSヅカ方面が騒然としていましたが、なにはともあれ、

原田先生、おめでとうございます。スタッフの皆様、おめでとうございます!

轟理事、凪七瑠海様、星組の皆様、おめでとうございます!!!!

星組本「ザ・タカラヅカⅦ星組特集」で紅さんが「特にお芝居(ベルリン、わが愛)は演出家の先生といろいろ話し合って創りましたし、主演としてはすごく責任感が芽生えました」と話していて、その甲斐があったというものでしょう。

「ベルリン」に関しては、細かいツッコミどころ(引っかかる箇所)はともかく、人種差別や表現の自由の干渉(思想統制)と弾圧(焚書と発禁)に宝塚歌劇で切り込んでいくというのはチャレンジだと思います。ナチズムへの抵抗を映画を創る若者たちの成長と恋に絡め、宝塚歌劇的物語に仕上げて大劇場で上演したというのはエポックメイキングなトピックスだったのかなと思ったりしました(こういうテーマが、物語の不整合云々より、イデオロギー的に響く人たちもいるし←一言多いw)。

私的には「ベルリン」より、「ジバゴ」の2幕後半のストーリーがね、思うところ(💢)あるんですが、舞台美術や音楽、轟理事と星組子の熱演が素晴らしかったので報われて良かったなと思います。

原田先生の脚本・演出ですから、そのお名前で演目への栄誉も不名誉も受けるわけですが、舞台は総合芸術で一人では創れない。そこは先生がよく判っておられると思います。花組『MESSIAH(メサイア) −異聞・天草四郎−』も頑張っていただきたいです。ショーも待望。

私も大劇場から東宝千秋楽まで追っかけて、3月になってもなぜまだ「ベルリン」なのか(自分で書くって言ったんですよはい)、と思いつつ原稿を書いたのが報われました。うんうんおめでたい。

“[stage] 第43回菊田一夫演劇賞” の続きを読む

[Zuka] 星組『うたかたの恋』(5)終

(5)で終わりです。さすがに終わる。

気持ちをギリギリに絞り込む悲恋『うたかたの恋』を見て、ルドルフもはまっているけれど、紅さんの当て書きオリジナルを見てみたいという気持ちになった。アドリブではなく日常の中での笑い、ウィットに富んだ笑いの人情話。

谷先生のRAKUGO MUSICAL『ANOTHER WORLD』はどんな感じなのかな。落語が題材の“あの世”話ということで、上方落語のボケとツッコミの世界かな。楽しみです。

かいちゃん(七海ひろき)は本人が宝塚おとめに書いた演じてみたい役が見たいです。2018年版の発売日は4月20日。

“[Zuka] 星組『うたかたの恋』(5)終” の続きを読む

[Zuka] 星組『うたかたの恋』(4)Boy Meets Girl

2月25日(日)まで星組公演を上演していた中日劇場ですが、3月25日で52年の歴史に幕を下ろしました。劇場が入っていた中日ビルは建て替えですが、新ビルには、本格的な劇場は設けないとのこと。「文化発信につながる新たな施設」をつくるそうで、来年以降の宝塚歌劇の名古屋公演はどこで行われることになるのでしょうか。
中日ビルの建て替えについて(2016年9月28日)

キャトルレーヴ名古屋も同時閉店で、中部地方の皆様はご不便なのでは。オンラインショップが頼りですね。

閉店前にパネル展をやっていて、研修で出張ついでに寄ってきました。これらのパネルは3月22日~25日に5000円以上購入の方にプレゼントされたそうです。うらやましい。ジャン大公麗し。3月30日に発売のポストカードと同じうたかたラストの遺書を読む紺の軍服姿のジャン大公ですね。ポストカード嬉しい。うたかたの恋の軍服祭りっぷりが現れたパネルだ。↓

うたかたの恋パネル
トップスターパネル

“[Zuka] 星組『うたかたの恋』(4)Boy Meets Girl” の続きを読む

[Zuka] 星組『ベルリン、わが愛』(3)

[Zuka] 星組『ベルリン、わが愛』(1)
[Zuka] 星組『ベルリン、わが愛』(2)

原稿からはみ出した部分を書き直したものです。これで終わり。

『ベルリン、わが愛』。 東京宝塚劇場公演では紅さんのテオを中心とした映画づくりに携わる若者達の情熱が強くなっていたように感じた。

“[Zuka] 星組『ベルリン、わが愛』(3)” の続きを読む

[Zuka] 星組集合日(3/13)

星組は3月13日(火)が大劇場公演のお稽古集合日でしたが、まだ書くのか中日劇場公演『うたかたの恋』とばかりに下書きしています。ただ別原稿の締め切りが近づいてきているので、ブログも間遠になるかもしれません。

集合日は配役と退団者が発表されるのが通例ですが、今回もご多分に漏れずありました。

下記の生徒の退団発表がありましたのでお知らせいたします。

星組

十碧 れいや
白鳥 ゆりや

2018年7月22日(星組 東京宝塚劇場公演千秋楽)付で退団

“[Zuka] 星組集合日(3/13)” の続きを読む

[Zuka] 星秀☆煌紅の衝撃-星組台湾公演

2018年10月~11月の星組台湾公演に向けて、現地時間の3月2日(金)、台湾台北市で制作発表記者会見が行われた模様です。宝塚歌劇団側の出演者は紅ゆずる、綺咲愛里、礼真琴。同行者は宝塚歌劇団理事長:小川 友次氏、演出家の小柳 奈穂子先生、齋藤 吉正先生。

演目はお芝居とショーの2本立て。これはふりがなを取るとシンプルなタイトルになるけれど、なんて読むの?とクエスチョンマークが並ぶやつですね。

  • 異次元武侠ミュージカル(脚本・演出/小柳 奈穂子)
    『Thunderbolt Fantasy(サンダーボルト ファンタジー)東離劍遊紀(とうりけんゆうき)』
    虚淵玄 原案・脚本・総監修「Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀」より~(c)2016-2018 Thunderbolt Fantasy Project
  • タカラヅカ・ワンダーステージ(作・演出/齋藤 吉正)
    『Killer Rouge(キラー ルージュ)/星秀☆煌紅(アメイジングスター☆キラールージュ)』

公式:『第三回 宝塚歌劇 台湾公演』記者会見(2018/03/09)

“[Zuka] 星秀☆煌紅の衝撃-星組台湾公演” の続きを読む