[Zuka] 星組『龍の宮物語』(1)

指田珠子氏のバウホール・デビュー作で、瀬央ゆりあ2度めの単独主演公演となった音楽奇譚『龍の宮物語』。夜叉ヶ池の伝説と浦島太郎伝説に着想を得た、幽玄の異世界譚。繊細に織り上げられた珠玉の物語を星組30名が舞台上に具現化。

ストーリーの流れ、感情の流れがシンプルで齟齬がなく、物語を創る設定と世界観ががっちり構築されているために、キャストが動きやすそうに見えます。舞台が開幕してすぐに、指田先生が傾倒する伝説に着想を得て世界観を丁寧に構築し、細部まで脚本を練られたのであろうと、判りました。

2度めの単独主演となる瀬央ゆりあと、ヒロイン有沙瞳の二人に、天寿光希、天華えまという新・星組の柱となるメンバーが頼もしかったです。一番、お上手だったのは美稀千種副組長でしたけれどね!

指田先生、宝塚バウホールデビュー、おめでとうございます。

第一幕の第一場序奏は伏線なので、見逃すなということで(2)に続こうかな。
12/3(火)14時30分公演観劇。

龍の宮物語ポスター

夜叉ケ池伝説は泉鏡花の戯曲でも取り上げられており、その泉鏡花の『夜叉ヶ池』を漫画化したのが波津彬子。→『波津彬子選集 1 鏡花夢幻』ソノラマプラス [公式ためし読み]

本作で、池の底に住む異形たちが、妙に明るくちぐはぐなテンションとふとしたきっかけで魔物の顔になるとこまで、波津彬子の描く異形たちのイメージに近しくて、指田先生GJ!と思いました。

[Zuka] 星組『ロックオペラモーツァルト』(1)

フレンチ・ミュージカル
『ロックオペラ モーツァルト』

The Musical ≪Mozart, l’opera rock≫
Produced by WAM PRODUCTIONS
International Licensing & Booking, G.L.O, Guillaume Lagorce, info@glorganisation.com
潤色・演出/石田 昌也

礼真琴様、舞空瞳様。星組新トップコンビお披露目おめでとうございます!!

プレお披露目公演は、ドーヴ・アチア氏の脚本・作詞・作曲のフレンチ・ミュージカル『ロックオペラ モーツァルト』。宝塚版の潤色・演出は石田昌也先生。

この組み合わせは、珠城りょうのトップスター・プレお披露目公演『アーサー王伝説』(2016年、月組)と同じですね。

11月23日(土)16時30分公演と26日(火)16時30分公演(e+貸切)を観劇しました。『1789』好きとしてはアチア氏の作品を見れるのは嬉しい。

ロックオペラ モーツァルト@梅芸メインホール
ロックオペラ モーツァルト@梅芸メインホール

“[Zuka] 星組『ロックオペラモーツァルト』(1)” の続きを読む

[Stage][773] 七海ひろき主演『RED&BEAR クイーンサンシャイン号殺人事件』(予告)

2020年1月上演の七海ひろき主演舞台『RED&BEAR クイーンサンシャイン号殺人事件』のキービジュアルと詳細が発表されています。

七海ひろきさんInstagram(@hirokinanami773)より

View this post on Instagram

☆ 舞台「RED&BEAR~クィーンサンシャイン号殺人事件~」のキービジュアルが公開されました。 あの日の赤髪は、この為でしたーーー!! 撮影の日、西岡德馬さんとお会いしたのですが、温かさそして、全てを包み込んで下さる大きさと深さを感じました。ご一緒させて頂ける事が今から楽しみです。 そしてそして、佐奈宏紀さん、近藤頌利さん、遊馬晃祐さん、正木郁さん、三原大樹さん。皆さん凄く素敵で、並びを見るだけでワクワクします。そこに、茨城の町おこしフェスでご一緒した、新田恵海さんの可愛さが相まって、一体、どんな作品になるのか。2020年1月は、REDとして生きたいと思います!! . #redandbear #キービジュアル #西岡德馬 さん #佐奈宏紀 さん #近藤頌利 さん #遊馬晃祐 さん #正木郁 さん #三原大樹 さん #新田恵海 さん

A post shared by 七海ひろき (@hirokinanami773) on

“[Stage][773] 七海ひろき主演『RED&BEAR クイーンサンシャイン号殺人事件』(予告)” の続きを読む

[Zuka] 花組大千秋楽と新たなる時代に

昨日2019年11月24日(日)は。東京宝塚劇場の花組公演『A Fairy Tale -青い薔薇の精-』/『シャルム!』の千秋楽でした。

明日海りお様、芽吹幸奈様、白姫あかり様、乙羽映見様、城妃美伶様。ご卒業おめでとうございます。幸せと楽しさをありがとう。これからの人生にも幸多きことを、お祈り申し上げます。

くみちゃん、芽吹幸奈様。美しい声と周りを思いやる温かな人柄。『ポーの一族』のブラヴァツキーには度肝を抜かれました。『MY HERO』のメイベル・ヒルは三人目のヒロインでした。短い副組長期間でしたが、『恋するARENA』での写真撮影など気の回る副組長姿でした。

あかりさん、白姫あかり様。すらりとした姿で踊る姿が記憶に残っています。『A Fairy Tale』ではアウラ(更紗那知)とともにエリュ(明日海りお)のそばに佇む精霊クラルスでしたが、長い髪と白く長いドレスの着こなしは背の高さがあってこそだなぁと思いました。

えみちゃん、乙羽映見様は、【ここ】にも書きましたが、上品な歌声と柔らかな物腰で、最後の大役を果たしていた。すばらしい光の女神でした。

しろきみちゃん、城妃美伶様。『シャルム!』の地底のキャバレーで側転2連続はびっくりでしたが、えいやっとばかりに得意技を披露する、潔い姿が爽快でした。優しく気高いフローレンス・ウィールドン夫人は『花より男子』の牧野つくしと共にしろきみちゃんの集大成だったと思います。

翌25日には、歌劇団公式の花組ページやVISAのイメージキャラクターのページが変わり、偉大な花組トップスター・明日海りおさんのご卒業を実感しました。

柚香光様、花組新トップスターおめでとうございます。プレッシャーもあるでしょうけれど、柚香光さんは自分に足りないものがあることを知っているから、いいんだろうなと私は思っているのでした。花組ポーズはみりおさんから受け継がれたのか。花組子と共にがんばってくださいね。次の機会を楽しみにしてます。

11月21日宝塚大劇場にて

梅田駅と梅芸で永久輝せあさんの看板も見ました。
新VISAイメージキャラクターおめでとうございます。

“[Zuka] 花組大千秋楽と新たなる時代に” の続きを読む