[Zuka] 星組『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』(2)

『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』のクリアポスター(発売日:2018年9月13日)が発売されるそうです。クリアポスターはパンフレットに掲載されている4人写りと同種のものですね。下段の布袋人形4人写りと上下になっているポスターでも良かったのですが、星組キャストのみの分です。

お衣装は、お衣装部さんの労作。素晴らしい再現度だけれど、ふもふした羽根や毛皮がついた重ね着で、暑いし重そう💦。やはり人間が着るには無理が💦。

紅さんの凜雪鴉のお衣装は振り袖のように長くて、両腕がだいたい90度になっているのを良く見る。かいちゃんの殤不患のお衣装は毛皮付きで背後はマントになっているので殺陣や所作でさばくのに相当の技量がいるね。琴ちゃんの捲殘雲のも。あーちゃんの丹翡のお衣装は帽子が大きくて、首まで埋まり、袖が大きいロングドレスでこれも殺陣が大変そう。麻央くんの殺無生は、背中の二本差しが自分では差し込めないという話だし、再現率の高さは演者の困難と裏表であることよ。

ル・サンクも出ます。ル・サンク特別編集「Thunderbolt Fantasy(サンダーボルト ファンタジー)東離劍遊紀(とうりけんゆうき)」「Killer Rouge/星秀☆煌紅」(アメイジングスター キラールージュ)発売日:2018年10月5日

円盤は詳細不明ですが、台湾公演分がBD・DVD化される模様。

“[Zuka] 星組『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』(2)” の続きを読む

[Zuka] 星組『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』(1)

8月31日(金)から梅田芸術劇場メインホールで、星組公演 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』『Killer Rouge/星秀☆煌紅』が始まり、9月6日(木)が千秋楽。7日間11公演しかないので、あっという間な気がします。

お芝居の原作は、台湾の人形劇「布袋劇」の制作会社“霹靂國際多媒體股份有限公司(略称:霹靂社)”とニトロプラス虚淵玄氏のコラボによる武侠ファンタジー人形劇「Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀」(原作公式サイトシーズン1(13話)。予習して挑んだ初日。小柳奈保子先生らしく工夫と改変が施されて1時間30分 にまとめられ、宝塚歌劇らしくビジュアル再現率がやたらめったら高い。ただキャストが緊張していた。難読用語に難しい小道具使い。色々あったね初日!2日目以降はぐんぐん進化しています。

Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀 梅芸展示

私は、かいちゃん、七海ひろきが表舞台に立っているのを見ているのが嬉しい、単純な人ですが、前回公演『ANOTHER WORLD』『Killer Rouge』に引き続き、お芝居では紅さんの凜雪鴉(リンセツア)とW主演と言われている殤不患(ショウフカン)、ショーではMask of Rougeさんにソロ『罪な薔薇』と出番をたくさん頂いていて幸せでございます。かいちゃんの力の入れっぷりがさすがです。感謝。

“[Zuka] 星組『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』(1)” の続きを読む

[OSK] 『My Dear~OSK♥ミー&マイガール♥~』

OSK日本歌劇団の男役スター・真麻里都の退団公演。初日18時30分公演に行ってきました。8月30日(木)から9月2日(日)までの4日間8回公演しかなく、全席完売ということで、近鉄アート館の客席がぎっしりでした。

1937年に英ロンドンで初演された『Me And My Girlを原作に、宝塚歌劇団出身で、OSKの振付も多く手がける麻咲梨乃さんが脚本・演出・振付を担当。基本の人物関係は似ているけれど、役名やストーリーが異なっていて、宝塚版『Me And My Girl』と全く異なった味わいの歌って踊るハッピーミュージカル。

初日と言うこともあってか、舞台に静かな緊迫感というか集中力が漲っていて、観ていて感きわまりました。ダンスのOSK、OSK屈指のダンサー真麻のためにミーマイをカスタマイズしたOSKらしさの漂う公演です。真麻さんが『Me And My Girl』が大好きで、上演希望を出し続けていたそうですが、叶って良かった。

真麻里都様、ご卒業おめでとうございます。素敵な舞台をありがとうございました。人生の第二章が実り多きものになりますよう。

男役・真麻里都の集大成が輝く! OSK日本歌劇団『My Dear~OSKミー・&マイガール』開幕! – 演劇キック(観劇予報)

“[OSK] 『My Dear~OSK♥ミー&マイガール♥~』” の続きを読む

[Zuka] 花組『MESSIAH』(4)終~天草四郎陣中旗

舞台上でも掲げられる山田右衛門作が描いたという天草一揆軍の陣中旗(レプリカ)が、劇場内に展示されていました。

赤葡萄酒が入った聖杯と十字架が記されたパン。パンはイエス・キリストが最後の晩餐で弟子達に与えた聖餅で、キリストの聖体と言われているものだそう。

“[Zuka] 花組『MESSIAH』(4)終~天草四郎陣中旗” の続きを読む

[Zuka] 花組『MESSIAH』(3)百姓は生かさず殺さず

花組公演、『MESSIAH(メサイア) −異聞・天草四郎−』『BEAUTIFUL GARDEN −百花繚乱−』千秋楽おめでとうございます。

MY楽は前楽19日(日)15時公演でしたが、花組とヒロさんの熱演にやられたって感じのお芝居と花組の百花繚乱ぶりが楽しいショーでした。お疲れ様でした。東京公演までしばしの休養を。

たそ(天真みちる様)、かほちゃん(新菜かほ様)、しおんくん(桜舞しおん様)。変わってないよと思っていても、変わった部分を大切にしてください。これからの糧にきっとなります。ご卒業おめでとうございます。

亜蓮冬馬くんの休演が延びて、東京公演も全休になったようですが、落ち着いて怪我を治して貰えるといいなと思います。療養期間中にも出来ることはあるはずなので、充電できますように。お大事に。代役の皆様、がんばってくださいませ。

19日(日)15時公演が開演して15分くらいで2階で揺れを感じ、少し驚いたのですが、舞台では流れ着いた夜叉王丸と小左衛門殿がお芝居を続けているので、揺れが続けばアナウンスがあるだろうと思って観劇していましたが、キャストの皆様、スタッフの皆様、お疲れ様でした。何事もなくて良かったです。(かいちゃんや琴ちゃん、音咲いつきちゃんもご観劇だった)。

震度1だったのに、震源が浅いためか体感できたっていうほうがすごいかも。

地震情報 – 2018年8月19日 15時13分頃発生 最大震度:1 震源地:兵庫県南東部 – 日本気象協会

MESSIAH幕

“[Zuka] 花組『MESSIAH』(3)百姓は生かさず殺さず” の続きを読む

[Zuka] 花組『MESSIAH』(2)海乱鬼・夜叉王丸

『MESSIAH』が、天草四郎の「異聞」であるのは、天草四郎の設定や時系列や人間関係が本作オリジナルになっているためと思われます。演劇はフィクション(虚構)で、史実検証ではないので、オリジナル創作でも構わない。けれど、その場合は創作者による世界観の構築がとても重要になる。

VISAの明日海りおさんからの今月のメッセージ(7/20(金)に届いたもの)で、みりおさんが天草四郎の役作りのポイントを話してくれていますが、さすが土台作りが緻密だなと思います。

外部でも、日本版『マタ・ハリ』(柚希礼音主演)の訳詞・翻訳・演出を手がけた石丸さち子さんのインタビューで伺えるように、年表を自分達で作り直すくらいの作業がいるんだと思いますね。→【マタ・ハリ通信(4)】演出家・石丸さち子に訊く(げきぴあ編集部(2017年12月27日 )

ネタバレあり。まとまってません。

“[Zuka] 花組『MESSIAH』(2)海乱鬼・夜叉王丸” の続きを読む