[Movie] 『Thunderbolt Fantasy 西幽玹歌』見たよ。

10月25日公開の映画「Thunderbolt Fantasy 西幽玹歌(サンダーボルトファンタジー セイユウゲンカ)」を見てきました。【公式サイト

ニトロプラスの虚淵玄氏が原案・脚本・総監修を務め、“霹靂社”が制作した布袋人形による武侠ファンタジー人形劇シリーズ外伝。

去年の今頃、星組は台湾公演で『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』を上演中。テレビでは『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2』を放送していて、毎週楽しみにしていたものです。懐かしい。

外伝2は『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2』に登場した浪巫謠(ロウフヨウ)(CV. 西川貴教)を主人公とした物語。

パンフレットの表紙の右下に!ネタバレ注意!と記載されていて、うっかり言及できないので、これは見てきたよ、もう1回見たいっていうだけの記事です。

“[Movie] 『Thunderbolt Fantasy 西幽玹歌』見たよ。” の続きを読む

[Art] あいちトリエンナーレ2019閉幕に寄せて

10月14日に閉幕した「あいちトリエンナーレ2019」。入場者数は65万人以上は「あいちトリエンナーレ」史上最高記録だそうです。

10月8日に一時中止していた作品や企画がフルオープンし、全て揃っての閉幕でした。一時‬中止していた作家の皆さんにも連絡を取り、すべての作品を揃えての閉幕にこぎつけたパワーに敬意を表します。再開後は作家やアーティストの方もたくさん閲覧にいらしていた感じでした。

スタッフやボランティアの皆様もとても親切でした。
関係者の皆様、お疲れさまでした。ありがとうございました。

“[Art] あいちトリエンナーレ2019閉幕に寄せて” の続きを読む

[Art] クリムト、シーレとウィーン

『クリムト展 ウィーンと日本1900』

豊田市美術館で開催していた『クリムト展 ウィーンと日本1900』

過去最大級と銘打たれた、19世紀末ウィーンを代表する画家グスタフ・クリムト(1862-1918)の展示会です。 今年は、日本・オーストリア外交樹立150周年記念とクリムトとその弟子であるエゴン・シーレ(1890-1918)の没後100周年が重なっているということです。

あいちトリエンナーレと同時開催だったので、10月11日に立ち寄りました。17時閉館で入ったのが、16時だったので駆け足もいいとこでしたが、10月14日までだったので行けただけでもラッキーでした。

豊田市美術館

“[Art] クリムト、シーレとウィーン” の続きを読む

[Zuka] 星組大千秋楽~星のうえでふたり~紅ゆずると綺咲愛里の卒業

紅ゆずるが、綺咲愛里とともに宝塚歌劇を卒業する。退団同期は如月蓮、麻央侑希、蓮月りらん。

昨日、台風19号の影響により11時公演とサヨナラショーのある15時30分公演が休演となり、本日の千秋楽の上演も懸念されましたが、無事に定刻通りに開演できそうで喜ばしいです。

各地で台風19号による影響が出ており、舞台にあがる組子の中にも、支えるスタッフ運営側にも、千秋楽を見送るファンの中にも、出身地や縁のある土地が気にかかる人がいるとは思います。

これ以上、被害が大きく広がらないよう願いながら、

宝塚歌劇でしかできない、ひとときの夢を描き、明日への希望を歌い上げてください。

“[Zuka] 星組大千秋楽~星のうえでふたり~紅ゆずると綺咲愛里の卒業” の続きを読む

[Stage][OG] 美弥るりか『 Rurika Miya 1st Live in Osaka』

美弥るりかさんのRurika Miya 1st Live in Osaka  @オリックス劇場(10月4日)に行ってきました。

Rurika Miya 1st Live in Osaka @オリックス劇場

美弥ちゃん、細い身体ですごい。

尺が伸びて3時間強。間に25分の幕間があったけれど、歌って喋って喋って、踊って、ぶっ通しでした。

歌も踊りも退団後にうまくなる。
OGあるある。

退団からまだ4か月です…。
美弥ちゃんもひろきさんと同じスタートダッシュ派だったのか。

“[Stage][OG] 美弥るりか『 Rurika Miya 1st Live in Osaka』” の続きを読む

[Zuka] 花組『A Fairy Tale -青い薔薇の精-』

花組のお稽古場情報で、高翔みず希組長とみりおさん(明日海りお)の会話。

組長「青い薔薇の精はカッコいいよね」
明日海「いや、カッコよくないです」

珍しくきっぱりばっさり否定する、みりおさん。
そして
バツが悪そうに、笑みで補足する。

明日海「だって青いもん」(笑)

テレビ前の私「だって青いもん」??

「だって青いもん」(エコー)
「だって青いもん」(エコー)

テレビ前の私「もん?もしもし、みりおさん?拗ねてる?かわ」

たしかに全身青かった青い薔薇の精。作中で派手なアクションはなく、罪の存在として空間を彷徨い、老いることもなく、人間の行動を導き、見守る。青みがかった髪、青みがたったお衣装を着こなした明日海りおの美しさだけが際立つ。

宝塚歌劇団の初の女性演出家として、独自の道を切り開いてきた植田景子が、本公演をもって退団する花組男役トップスター明日海りおのために書き下ろした新作『A Fairy Tale -青い薔薇の精-』。大人のための童話であった。

(左)花組『A Fairy Tale』と(右)月組『I AM FROM AUSTRIA』

“[Zuka] 花組『A Fairy Tale -青い薔薇の精-』” の続きを読む