[Art] 『ミケランジェロと理想の身体展』

遠征の空き時間に、国立西洋美術館で開催されている『ミケランジェロと理想の身体展』を覗いてきました。

ミケランジェロの傑作2点が初来日!〜国立西洋美術館「ミケランジェロと理想の身体」展|VOGUE Blog

上野公園は美術館・博物館が集まっていて、好きな場所です。散歩にも良いのですが、最近は合間に行くことが多いので、お目当てのものを見て帰るというのが多いのが残念。暑くなってきたし、ゆっくり歩くというのも日焼けが気になりますけれどね。

ミケランジェロ・ブオナローティというと、サン・ピエトロ大聖堂にある『ピエタ』像やアカデミア美術館収蔵の『ダヴィデ』像、システィーナ礼拝堂天井画が有名。宙組公演で真風さんが演じるレオナルド・ダ・ヴィンチと並び称されるルネサンス期の天才芸術家です。

“[Art] 『ミケランジェロと理想の身体展』” の続きを読む

[Zuka] 雪組『凱旋門』~2人のラヴィック

雪組『凱旋門-エリッヒ・マリア・レマルクの小説による-』、本公演と6/26(火)に行われてた新人公演と合わせての感想です。

【本公演】

脚本/柴田 侑宏
演出・振付/謝 珠栄
【新人公演】

演出/上田久美子

舞台は1928年のパリ。ヨーロッパでは、ドイツやイタリアにおけるファシズムの台頭により、パリには多くの亡命者が逃げ込んできていた。ドイツからパリに亡命してきている外科医ラヴィック(轟 悠)は、イタリアからの移民で、身寄りの無い、ジョアン・マヅー(真彩 希帆)と出会う。ラヴィックと女優志望で歌手のジョアンは愛し合うようになるが、亡命者であるラヴィックはパスポートや身分証明書を持たず、亡命者向けのホテルに隠れるように住み、モグリの医者として生きるしかなく、ジョアンが部屋を借りて一緒に住みたいと望んでも叶えることが出来なかった。

“[Zuka] 雪組『凱旋門』~2人のラヴィック” の続きを読む

[stage] NAPPOS PRODUCE『グッド・バイ』

6月21日~7月1日までポケットスクエア  ザ・ポケット(東京・中野)で上演されているNAPPOS PRODUCE『グッド・バイ』の23日(土)18時公演を観劇してきました。チケットは普通にぴあで買ったよ。観に行けたのは、3つくらいの予定と抱き合わせにできたからでラッキーでした。遠征は減らしたい気持ちとこれは観たい気持ちの相克💦

演劇集団『悪い芝居』の山崎彬さんが脚本・演出、池下重大さんと大空ゆうひさんがダブル主演。お目当ては当然、ゆうひさん。現役中の舞台は生では観ておらず、映像で見てからの追っかけです。最近は現役の七海ひろき優先になっておりますが、退団後の表現者・大空ゆうひの舞台は可能な限り、観たいものの一つです。

“[stage] NAPPOS PRODUCE『グッド・バイ』” の続きを読む

[dairy] 大阪北部地震な一日

6月18日(月)午前7時58分ごろ、大阪府北部を震源とするマグニチュード6.1、深さ13kmの地震が起きました。震度6弱の揺れは、大阪市北区、大阪・高槻市、枚方市、茨木市、箕面市。京都南部で震度5強、宝塚は震度4の揺れでした。この地震による津波なく、その後、震度1~4程度の余震が起きています。

現在のところ、人的被害は死者4人、けが人300人以上という報道です。高槻市と茨木市は物的被害も大きいそうです。お亡くなりになった皆様を悼み、これ以上の被害が増えないことを祈っています。

“[dairy] 大阪北部地震な一日” の続きを読む

[Zuka] 月組『BADDY』悪党(ヤツ)は必ず蘇る(終)

終わらせよう。Done is better than perfect. ←Facebookの社是らしい。

というわけで『BADDY(バッディ)-悪党(ヤツ)は月からやって来る-』です。ただいま、月組は『雨に唄えば』『THE LAST PARTY ~S.Fitzgerald’s last day~』『愛聖女-Sainte♡d’Amour-』に分かれてお稽古中ですが、珠城さんとちゃぴ様の月組は確実にpost-BADDYの時代に突入しているんでしょうね。

その前に10回目の上演となる『エリザベート』の月組ポスター。制作発表会(公式)では、小池先生が、「トート(死)は死のエネルギーそのものを表した役」「時には世界を滅ぼすほどの“死”の力」とコメントされたそうですが、私は、このステージナタリーの1枚目の珠城りょうのトートの写真に、”エネルギッシュな死”っぽさを感じて、ぜひ珠城トートには吠えて欲しいと思いました。

ちゃぴ様(愛希れいか)が、「エリザベートの“根本”を表している曲」と選んだのが『パパみたいに』。自由に憧れ、木登り、馬術、サーカスごっこが好きで、パパが大好きな少女が大人になったらどうなるのやら。”エネルギッシュな死”に抗うには強くもあらねばならないと思いますがはてさて。楽しみです。

宝塚月組「エリザベート」に小池修一郎が期待「珠城はエネルギッシュな“死”」 – ステージナタリー

月組エリザベートポスター

鏡の中にいるトート(珠城りょう)と手を合わせているけれど、目線は合っていないエリザベート(愛希れいか)。ポスターを見て、小池先生も『ポーの一族』後だと思いました。一枚の写真に物語がある。

“[Zuka] 月組『BADDY』悪党(ヤツ)は必ず蘇る(終)” の続きを読む