[diary] 忙しいとブログは後回しに

忙しいとブログは後回しになりがちです。5月から7月は、仕事+観劇+入出で本気で忙しかった。特に7月は自分でもなぜこんなに詰め込んだというくらいスケジュールが捺していて、泣きをみましたが、7月22日(土)から星組公演『オーム・シャンティ・オーム -恋する輪廻-』@梅田芸術劇場が始まるので必死でした。

そして昨夜、久しぶりにブログにログインしてみたら、アップデートプラグインが多すぎて HTTP500サーバーエラーを起こし、やる気が飛びました。

“[diary] 忙しいとブログは後回しに” の続きを読む

[Zuka] [book]『宝塚イズム35』のお知らせ

お知らせ
6月1日発売の『宝塚イズム35』(青弓社 薮下 哲司(編著) / 鶴岡 英理子(編著))に公演評:花組『雪華抄』『金色の砂漠』と『宝塚に見る戦国武将』の2本が掲載されています。

薮下哲司さんによるご紹介:充実の『宝塚イズム35』青弓社 『宝塚イズム』マンスリーニュース

宝塚イズム35: 特集 さよなら早霧せいな&咲妃みゆ
宝塚イズム35: 特集 さよなら早霧せいな&咲妃みゆ 薮下 哲司 鶴岡 英理子

青弓社 2017-06-01

Amazonで詳しく見る by G-Tools

『宝塚に見る戦国武将』は、バウ・戦国ロマン『燃ゆる風 -軍師・竹中半兵衛-』の公演評を書きたかったのですが、『宝塚イズム』では紙幅の関係で別箱公演評は掲載していないというので、論考とい企画物の形で入れて頂きました。

宝塚歌劇で戦国時代(安土桃山時代)を舞台にした2010年以降の作品5本を取り上げ、宝塚歌劇は戦国武将達の生き様を描くことによって、どんな「夢」や「愛」を観客に見せようとしているか、というのを論考してみました。割と真面目に書いたよ。

  • 「美しき生涯-石田三成 永遠(とわ)の愛と義-」(2011年、宙組)
  • 「戦国BASARA」-真田幸村編-(2013年、花組)
  • 「一夢庵風流記 前田慶次」(2014年、雪組)
  • 「NOBUNAGA<信長>-下天の夢-」(2016年、月組)
  • 「燃ゆる風-軍師・竹中半兵衛-」(2017年、星組)

(参考文献『タカラヅカ流日本史』(中本千晶、東京堂出版 2014.11))。

阪急宝塚駅のブックファースト宝塚店ソリオ宝塚のブックランドサンクスには積んであります。文字ばっかりなのでね、特殊ではありますよ。よろしくお願いいたします。

“[Zuka] [book]『宝塚イズム35』のお知らせ” の続きを読む

[Zuka] 2017年雪組『幕末太陽傳』(1)

4月21日(金)から、雪組トップコンビ 早霧せいな・咲妃みゆの退団公演が始まってあっという間に1か月が経過。103期生の初舞台公演でもあり、初舞台生の口上は初々しく、若者の未来に幸多きことを。

原作の映画『幕末太陽傳』(1957年,川島雄三監督)は、Amazonプライム・ビデオで、幕末太陽傳 デジタル修復版をレンタルしました。『幕末太陽傳』は、品川宿の高級妓楼(遊郭)『土蔵相模』を舞台に、古典落語『居残り佐平次』の佐平次を主人公にしたて、『三枚記請』、『品川心中』、『星野屋』、『文七元結』、『付き馬』、『お見立て』を入れ込んで1本に仕上げた作品。

『土蔵相模』は、幕末の志士たちが密議をした大妓楼として史実にその名を残していて、史実や現存する場所がベースになっているのかと思うと(単純だけれども)作品を見る目が違ってきて、キャスト達の演じる江戸時代末期の相模屋の人々がより立体的になり、現実味を帯びてくる。

(タカラヅカ・スカイ・ステージ「プレ・ステージ!!~歴史のトビラをたたく~#2 雪組公演『幕末太陽傳』」では、ひとこちゃん(永久輝 せあ)が品川宿跡を回っていました)。

“[Zuka] 2017年雪組『幕末太陽傳』(1)” の続きを読む

[Zuka] 2017年月組『瑠璃色の刻』

美弥るりか単独初主演公演『瑠璃色の刻(とき)』、本日は赤坂ACTシアター公演初日、おめでとうございます。梅田シアタードラマシティで2回、観劇しましたが、みやるり始め、月組子の意気込みが伝わってくる舞台でした。赤坂ACTシアター公演がより充実したものとなりますよう。

Twitterだと以上で終わりなんですが、blogだとそうはいかないですな。

演出は花組ショー『雪華抄』が好評だった原田諒先生。時代は18世紀のフランス革命前後のベルサイユ。死を超越した不老不死の謎の人物と言われ、錬金術を操り、魔術師と呼ばれたサン・ジェルマン伯爵を名乗る男が宮廷に入り込み、王族貴族に取り入りながら、のし上がろうとする姿を描く。

“[Zuka] 2017年月組『瑠璃色の刻』” の続きを読む

[Zuka] 星組『THE SCARLET PIMPERNEL』(2)~革命の夢

スカイステージで3月は、紅ゆずるお披露目特集でBrilliant Dreams +NEXT「紅ゆずる」(2011年)やディナーショー「STELLA ROSSA ~フリーダムに ランダムに~」(2015年)をやっていて、紅さんの場合、外部インタビューに出ているのは強気発言が多いんですが、内実は根性で努力を重ねる人なので、星組子も総出で支えるんだろうなと思ったりしました。おめでとうございます。

トップスター・ロングインタビュー#29「紅ゆずるの魅力に迫る」の初回放送は3月25日。

これを機に、宝塚歌劇団様、宝塚クリエイティブアーツ様、ひろきとゆずるの『俺たちのDESTINY』を音源化して配信して頂けないでしょうかね。CD化より配信のほうがやりやすいはずですよね??『Brilliant Dreams +NEXT 七海ひろき』のDVD出てないですし。ぶつぶつぶつぶつ。

『俺たちのDESTINY』 ひろきとゆずる 作詞:七海ひろき 作曲:GA-HA- 【Brilliant Dreams +NEXT#30 七海ひろき】

“[Zuka] 星組『THE SCARLET PIMPERNEL』(2)~革命の夢” の続きを読む