[Zuka] 月組大千秋楽~麗人・美弥るりかの卒業

月組公演 『夢現無双 -吉川英治原作「宮本武蔵」より-』『クルンテープ 天使の都』東京宝塚劇場公演、大千秋楽おめでとうございます。

新トップコンビの大劇場お披露目公演であり、2番手男役の退団公演ですが、楽曲差し替え、月城かなとの休演、珠城りょうの不調などがあり、月組にとって試練の公演でしたが、なんとか千秋楽にたどり着いて安堵しています。

代役の皆様、お疲れさまでした。月城さんは焦らず、怪我をきっちり治して舞台に戻ってきてください。

そして、美弥 るりか様、響れおな様、玲実くれあ様、音風せいや様

ご卒業おめでとうございます。幸せと楽しさをありがとう。今日の終わりまで充実したものとなりますように。

__

6月9日。東京は7日に梅雨入りし、紫陽花が美しい季節となりました。東京宝塚劇場の月組公演千秋楽をもって、17年目の男役スター・月組2番手の美弥るりかが、宝塚歌劇団を退団する。

“[Zuka] 月組大千秋楽~麗人・美弥るりかの卒業” の続きを読む

[Zuka] 宙組『オーシャンズ11』(2)

3回目の観劇が、5/21のe+貸切公演でした。2階B席でまったりと観劇しましたが、2階のほうが初舞台生のロケットはフォーメーションがきれいに見えるんでしょね。ハート型から上手と下手に動いていく姿が流れるよう。

オーシャンズ11

花組版を観劇したときは、まだ宝塚歌劇を見始めたばかりで単純に楽しかった。

宙組版を観劇して、演出も細かいバージョンアップがなされていますが、キャストが変わると違うものに見える。

WOWOW宝塚プルミエール
宙組「オーシャンズ11」特集 後編

*5/25(土)よる9:00
*6/12(水)午前11:00
*6/26(水)深夜2:10

“[Zuka] 宙組『オーシャンズ11』(2)” の続きを読む

[Zuka] [Book] 『宝塚イズム39』(6/1発売)

6月1日発売の青弓社『宝塚イズム39』(薮下 哲司(編著)/ 鶴岡 英理子(編著))のお知らせです。見本誌が出来ました。表紙がすっごく素敵なので、本屋さんで見かけたらぜひお手にとって見ていただけると嬉しいです。

宝塚イズム39→青弓社の書誌情報

A5判180ページ並製
定価 1600円+税
ISBN978-4-7872-7420-5 C0374
書店発売予定日 2019年06月01日

  • 巻頭は星組トップコンビ紅ゆずると綺咲愛里の退団特集。
  • 小特集は美弥るりか、七海ひろきの退団と愛月ひかるの組替え。
  • 公演評(下記の目次参照)
  • OGインタビューは、ミュージカル『エリザベート』のお稽古中のちゃぴ様、愛希れいかさんです。

私は、紅さんとあーちゃんの退団特集、七海退団、公演評「ファントム」と「霧深きエルベのほとり」/「ESTRELLAS」の原稿を書いています。

退団については、個々で色々思いがあるだろうとは思うのですが、私はタカラジェンヌのご卒業を、人生の第二章にむけて笑顔で送り出したい派です。ケース・バイ・ケースではありますが。

七海ひろきさんの卒業(退団)に際しては、東京公演千秋楽でしか泣かなかったんですが、はや再始動が発表され、Instagramも好調で、25日にはWOWOWで宝塚プルミエールのナレーターで登場。ここに至るまで個人的には色々ありましたが、これからがとても楽しみです✨。

美弥るりかさんは、(お茶会情報によると)美弥ちゃんなりの踏ん切りをつけられたようなので、千秋楽までひとまず見守っていきたいと思っています。お風邪に気をつけて!(れいこちゃんも怪我を治して。代役の皆様もセルフケアしてくださいね)。

専科異動の愛月ひかるさんは、星組全ツを見た限りでは前向きに進んでいるなぁと思ったし、初めての特出で星組に来てくれて、下級生を見てくれてありがとう♡という気持ちなので、積極的に経験を増やして宙組に何らかの形でリターンしてくれると嬉しいです。

紅さんとあーちゃんのご卒業も応援していきたいです。

“[Zuka] [Book] 『宝塚イズム39』(6/1発売)” の続きを読む

[Zuka] 宙組『オーシャンズ11』(1)

宙組オーシャンズ11

WOWOWの宝塚プルミエールで、宙組「オーシャンズ11」特集の前後編が放送されます。録画予約しようね!https://www.wowow.co.jp/detail/114944/002

宙組「オーシャンズ11」特集 前編 5/24(金)午後5:30
ナレーター:★彡柚希礼音★彡(元星組トップスター)

宙組「オーシャンズ11」特集 後編 5/25(土)よる9:00 

[Zuka] 月組『夢現無双-吉川英治原作「宮本武蔵」より-』

宙組公演が始まっちゃいましたが、月組大劇場公演『夢現無双』『クルンテープ 天使の都』は、4/15(月)に千秋楽を迎えて、美弥るりかDS『Flame of Love』が17日・18日宝塚ホテル開催、21日・22日第一ホテル東京で開催でした。25日(木)が東京公演集合日でしたっけ。みなさま、お疲れの出ませんよう。

さて本公演は珠城りょう・美園さくら新トップコンビの大劇場お披露目公演であり、2番手男役スター美弥るりかの退団公演でした。

それを齋藤吉正&藤井大介という中堅演出家の代表格の二人が揃って作・演出の2本立て。濃いなと思っていたら、本気で濃かったです、愛が。濃すぎて『夢現無双』はちょっと盛り込みすぎじゃないかと思ったりしましたね。うん。

『夢現無双-』幕と『クルンテープ 天使の都』幕

“[Zuka] 月組『夢現無双-吉川英治原作「宮本武蔵」より-』” の続きを読む

[Zuka] 雪組『20世紀号に乗って』

ブロードウェイ・ミュージカル『20世紀号に乗って』
ON THE TWENTIETH CENTURY
潤色・演出/原田 諒
~ 

観劇は1回きりの3月23日(土)15時30分公演でした。

本作品はシカゴからニューヨークに向かう特急列車を舞台としたフィクション。1934年に映画化(監督:ハワード・ホークス)され、1978年にブロードウェイで初演、2015年にリバイバル。日本では1990年に宮本亜門演出『20世紀号に乗って』大地真央と草刈正雄のコンビで上演されている。

ブロードウェイ版は2015年リバイバルでの場面が下記で見れます。リバイバルはブロードウェイの大女優クリスティン・チェノウェスのために上演されたというだけあって、短い映像でもチェノウェスの演じるリリー・ガーランドの強気っぷりが判る。そしてピーター・ギャラガーのオスカー・ジャフィーのくたびれぶり(褒めてる)。オリバーとオーエンは初老のおじさん。ブロードウェイ版はおじさんを愛でる舞台ですな(なにか違)。

“[Zuka] 雪組『20世紀号に乗って』” の続きを読む

[Zuka] 花組トップスター・明日海りお退団会見

3月11日(月)に宝塚大劇場で花組『CASANOVA』の千秋楽とトップ娘役・仙名彩世のサヨナラショーを中継で観て、その後に夜行バスで東京に向かい、星組公演をマチソワしていた12日に花組トップスター・明日海りおの退団発表がありました。そして13日に退団会見が行われました。

花組トップスター・明日海りお 退団記者会見 | 宝塚歌劇公式ホームページ

3月13日(水)、花組トップスター・明日海りおが、Musical『A Fairy Tale -青い薔薇の精-』、レヴューロマン『シャルム!』(宝塚大劇場:2019年8月23日~9月30日、東京宝塚劇場:2019年10月18日~11月24日)をもって退団することを発表し、記者会見を行いました。

“[Zuka] 花組トップスター・明日海りお退団会見” の続きを読む