[Zuka] 花組『MESSIAH』(2)海乱鬼・夜叉王丸

『MESSIAH』が、天草四郎の「異聞」であるのは、天草四郎の設定や時系列や人間関係が本作オリジナルになっているためと思われます。演劇はフィクション(虚構)で、史実検証ではないので、オリジナル創作でも構わない。けれど、その場合は創作者による世界観の構築がとても重要になる。

VISAの明日海りおさんからの今月のメッセージ(7/20(金)に届いたもの)で、みりおさんが天草四郎の役作りのポイントを話してくれていますが、さすが土台作りが緻密だなと思います。

外部でも、日本版『マタ・ハリ』(柚希礼音主演)の訳詞・翻訳・演出を手がけた石丸さち子さんのインタビューで伺えるように、年表を自分達で作り直すくらいの作業がいるんだと思いますね。→【マタ・ハリ通信(4)】演出家・石丸さち子に訊く(げきぴあ編集部(2017年12月27日 )

ネタバレあり。まとまってません。

“[Zuka] 花組『MESSIAH』(2)海乱鬼・夜叉王丸” の続きを読む

[Zuka] 花組『MESSIAH(メサイア)−異聞・天草四郎−』

ミュージカル『MESSIAH(メサイア) −異聞・天草四郎−』
作・演出/原田諒

MESSIAH ポスター

『MESSIAH』観劇後。ポスターのみりおさん(明日海りお)は妖術使いか魔界転生と思う四郎だけれど、MESSIAHでみりおさんが演じている四郎は真っ直ぐであったかい、良いヤツだよね、先行画像とポスターの四郎から実際の舞台上の四郎には乖離があるなぁ。かれーちゃん(柚香光)の山田右衛門作もちょっと違う。ゆきちゃん(仙名 彩世)の流雨はポスターと舞台姿は近い。どこでそうなったんでしょうか。

“[Zuka] 花組『MESSIAH(メサイア)−異聞・天草四郎−』” の続きを読む

[Zuka] 宙組『WEST SIDE STORY』~彼らの居る場所

『天河』の続きを書いていないのですが、宙組『WEST SIDE STORY』@梅芸の感想です。

様々な形で上演されている『WEST SIDE STORY』を宝塚歌劇で上演する意味…、それはやはり、美しいからだと思います。

初日から10日ぶりに2階から観劇して、こんなにも厳しい世界を描いているのに、こんなにも美しく仕上げられるのは宝塚歌劇ならでは、と思いました。底辺の社会の厳しさを、生々しくリアルに描くことと、フェアリー達が演じる夢の世界とは相反するように思えるけれど、フェアリー達が懸命に演じるからこそ、作り手達が『WEST SIDE STORY』を通して伝えたい想いが純化されていたように思います。

ただ、WSS初演の際は激しいダンスに怪我人が何人も出たという逸話があるそうですが、シャークスのフェンス越え(体操選手の演技のように美しく決まっていたけれど)など、女性と男性では筋肉量が違うので、彼女たちにここまで演じさせることが必要なのかとも思ったのも事実です。

けれども千秋楽は、オリジナルを踏襲した激しいダンス(男役向けに改変話されているそうですが)による抗争の表現や闘争心をかき立てられ、冷静になれと一致団結するジェッツの群舞”Cool”など、表現芸術の高みを目指す、宙組子の奮闘ぶりにやや泣きそうになって観ていました。怪我や故障がなければいいのですが。

宝塚歌劇では4度目の再演で、宙組では1月の国際フォーラム以来の2度目の公演ですが、国際フォーラム版は観ていないので、梅芸版を観れたのは幸せでした。

大千秋楽(8/9)おめでとうございます。

“[Zuka] 宙組『WEST SIDE STORY』~彼らの居る場所” の続きを読む

[Zuka] 月組~誰の為に踊らされているのか?~

月組 次期トップ娘役について

2018/07/26

この度、月組次期トップ娘役に、美園さくらが決定しましたのでお知らせいたします。

なお、新トップ娘役としてのお披露目公演は、2019年1月6日に初日を迎える月組東京国際フォーラム公演『ON THE TOWN(オン・ザ・タウン)』となります。

“[Zuka] 月組~誰の為に踊らされているのか?~” の続きを読む

[Zuka] 七海ひろきDS『Dearest』と『New Wave! 星』

星組千秋楽おめでとうございます。記事は別に書きますけれど、東京宝塚劇場で千秋楽を観劇して、零時過ぎに帰宅しまして、書く暇が無く遠征に出てしまったので、記載しておかねばとブログを書き始めました。

7月20日(金)に公式から衝撃的なお知らせがありました。

構成・演出:三木 章雄先生で、
七海ひろきディナーショー『Dearest』開催

かいちゃんがディナーショーを?それも三木先生ががががが?

“[Zuka] 七海ひろきDS『Dearest』と『New Wave! 星』” の続きを読む

[Zuka] 星組『ANOTHER WORLD』(4)ありがたや、なんまいだ

『ANOTHER WORLD』で使われている約30曲の作曲を担当された吉崎先生の記事が徳島新聞に出ています。『ANOTHER WORLD』の曲はどれも好きで、BDの発売(7/20)が楽しみです。

落語題材の宝塚ミュージカル 𠮷﨑さん(徳島市出身)全30曲を作曲 22日まで都内で公演|徳島新聞

宝塚歌劇団の𠮷﨑憲治さん(84)=徳島市出身=が作曲を手掛けたミュージカル「アナザーワールド」が東京宝塚劇場(東京・有楽町)で開かれている。(中略)。𠮷﨑さんは、主題歌「アナザーワールド」や挿入歌、約30曲の作曲を1人で手掛けた。ラテン、マーチなど曲調はさまざま。初めて挑戦した演歌風の曲もある。フィナーレなどで歌われる「ありがたや、なんまいだ」は阿波踊りをイメージしたという。

“[Zuka] 星組『ANOTHER WORLD』(4)ありがたや、なんまいだ” の続きを読む