[Zuka] 月組『ON THE TOWN』見たよ。

今年の1月に東京国際フォーラムで上演された月組『ON THE TOWN』の「夏バージョン」を7月28日に梅田芸術劇場メインホールで観劇しました。梅芸がOTTにジャックされていた。

ON THE TOWN@梅芸メインホール

ブロードウェイ・ミュージカル
『ON THE TOWN(オン・ザ・タウン)』
“ON THE TOWN”
Music by LEONARD BERNSTEIN
Book and Lyrics by BETTY COMDEN and ADOLPH GREEN
Based on a Concept by JEROME ROBBINS
潤色・演出/野口 幸作 “[Zuka] 月組『ON THE TOWN』見たよ。” の続きを読む

[Zuka] 星組『食聖』『Éclair Brillant』見たよ。

宝塚大劇場では、7月12日(金)から、星組トップコンビ紅ゆずると綺咲愛里の退団公演となる2本立て公演『GOD OF STARS-食聖-』『Éclair Brillant(エクレール ブリアン)』が開演しています。

2019年7月12日初日

ブログの更新を溜め込んでいるので思案中ですが、観劇はしていて、花組も雪組も大劇場公演は観劇しています。星組公演は初日と3回くらい見ました。

“[Zuka] 星組『食聖』『Éclair Brillant』見たよ。” の続きを読む

[Zuka] 宙組『オーシャンズ11』(3)東京公演千秋楽

宙組『オーシャンズ11』東京公演千秋楽おめでとうございます。

主要キャストが多いオーシャンズ11は、真風さん始め今の宙組にぴったりでした。

「主要キャストが多い」は、宝塚歌劇の演目では重要ポイントです。登場人物の数という項目の優先順位は演目によって変わると判っていても、多くの組子が板の上に立っているのはいいものです。

愛ちゃん(愛月ひかる)の組替え時点で見えていたような気がしていますが、今公演で研17のせいこちゃん(純矢ちとせ)、研15のあっきー(澄輝さやと)、研13のもあちゃん(愛白もあ)、同じく研13のりくちゃん(蒼羽りく)という上級生達が卒業して、長く馴染んでいた宙組が次世代に移行していく。寂しさもありますが、次々と新しいスターが育っていくのが宝塚というところ。ベテラン上級生達が後輩に見せる最後の舞台を今日は中継で見守りたいと思います。

そしてまだ98期以下の若い宙組生達も卒業し、人生の第二章を開いていく。ぶっちゃけ若いほうが切り替えもしやすいし、何をするにもどう生きていくにも体が動きます。経験やお金は蓄積が乏しいかもしれないけれど、OG達の切り開いた道を信じて前向きに歩んでいってくださいませ。

純矢ちとせ様
純矢ちとせ様
愛白 もあ様
蒼羽りく
風輝駿様
はる香心様
雪乃かさり様

ご卒業おめでとうございます。
佳き日になりますよう。

“[Zuka] 宙組『オーシャンズ11』(3)東京公演千秋楽” の続きを読む

[Zuka] 月組大千秋楽~麗人・美弥るりかの卒業

月組公演 『夢現無双 -吉川英治原作「宮本武蔵」より-』『クルンテープ 天使の都』東京宝塚劇場公演、大千秋楽おめでとうございます。

新トップコンビの大劇場お披露目公演であり、2番手男役の退団公演ですが、楽曲差し替え、月城かなとの休演、珠城りょうの不調などがあり、月組にとって試練の公演でしたが、なんとか千秋楽にたどり着いて安堵しています。

代役の皆様、お疲れさまでした。月城さんは焦らず、怪我をきっちり治して舞台に戻ってきてください。

そして、美弥 るりか様、響れおな様、玲実くれあ様、音風せいや様

ご卒業おめでとうございます。幸せと楽しさをありがとう。今日の終わりまで充実したものとなりますように。

__

6月9日。東京は7日に梅雨入りし、紫陽花が美しい季節となりました。東京宝塚劇場の月組公演千秋楽をもって、17年目の男役スター・月組2番手の美弥るりかが、宝塚歌劇団を退団する。

“[Zuka] 月組大千秋楽~麗人・美弥るりかの卒業” の続きを読む

[Zuka] 宙組『オーシャンズ11』(2)

3回目の観劇が、5/21のe+貸切公演でした。2階B席でまったりと観劇しましたが、2階のほうが初舞台生のロケットはフォーメーションがきれいに見えるんでしょね。ハート型から上手と下手に動いていく姿が流れるよう。

オーシャンズ11

花組版を観劇したときは、まだ宝塚歌劇を見始めたばかりで単純に楽しかった。

宙組版を観劇して、演出も細かいバージョンアップがなされていますが、キャストが変わると違うものに見える。

WOWOW宝塚プルミエール
宙組「オーシャンズ11」特集 後編

*5/25(土)よる9:00
*6/12(水)午前11:00
*6/26(水)深夜2:10

“[Zuka] 宙組『オーシャンズ11』(2)” の続きを読む

[Zuka] [Book] 『宝塚イズム39』(6/1発売)

6月1日発売の青弓社『宝塚イズム39』(薮下 哲司(編著)/ 鶴岡 英理子(編著))のお知らせです。見本誌が出来ました。表紙がすっごく素敵なので、本屋さんで見かけたらぜひお手にとって見ていただけると嬉しいです。

宝塚イズム39→青弓社の書誌情報

A5判180ページ並製
定価 1600円+税
ISBN978-4-7872-7420-5 C0374
書店発売予定日 2019年06月01日

  • 巻頭は星組トップコンビ紅ゆずると綺咲愛里の退団特集。
  • 小特集は美弥るりか、七海ひろきの退団と愛月ひかるの組替え。
  • 公演評(下記の目次参照)
  • OGインタビューは、ミュージカル『エリザベート』のお稽古中のちゃぴ様、愛希れいかさんです。

私は、紅さんとあーちゃんの退団特集、七海退団、公演評「ファントム」と「霧深きエルベのほとり」/「ESTRELLAS」の原稿を書いています。

退団については、個々で色々思いがあるだろうとは思うのですが、私はタカラジェンヌのご卒業を、人生の第二章にむけて笑顔で送り出したい派です。ケース・バイ・ケースではありますが。

七海ひろきさんの卒業(退団)に際しては、東京公演千秋楽でしか泣かなかったんですが、はや再始動が発表され、Instagramも好調で、25日にはWOWOWで宝塚プルミエールのナレーターで登場。ここに至るまで個人的には色々ありましたが、これからがとても楽しみです✨。

美弥るりかさんは、(お茶会情報によると)美弥ちゃんなりの踏ん切りをつけられたようなので、千秋楽までひとまず見守っていきたいと思っています。お風邪に気をつけて!(れいこちゃんも怪我を治して。代役の皆様もセルフケアしてくださいね)。

専科異動の愛月ひかるさんは、星組全ツを見た限りでは前向きに進んでいるなぁと思ったし、初めての特出で星組に来てくれて、下級生を見てくれてありがとう♡という気持ちなので、積極的に経験を増やして宙組に何らかの形でリターンしてくれると嬉しいです。

紅さんとあーちゃんのご卒業も応援していきたいです。

“[Zuka] [Book] 『宝塚イズム39』(6/1発売)” の続きを読む