[Zuka] 月組~誰の為に踊らされているのか?~

月組 次期トップ娘役について

2018/07/26

この度、月組次期トップ娘役に、美園さくらが決定しましたのでお知らせいたします。

なお、新トップ娘役としてのお披露目公演は、2019年1月6日に初日を迎える月組東京国際フォーラム公演『ON THE TOWN(オン・ザ・タウン)』となります。

“[Zuka] 月組~誰の為に踊らされているのか?~” の続きを読む

[Zuka] 月組『愛聖女-Sainte♡d’Amour-』

キューティーステージ

『愛聖女(サントダムール)-Sainte♡d’Amour-』
作・演出/齋藤 吉正
『愛聖女-Sainte♡d’Amour-』幕

チケット難で、バウホール公演なのにライブ中継が千秋楽の明日(7/7)予定されている、月組トップ娘役・愛希れいかの主演公演。観れることになってめちゃめちゃ楽しみにしていたのでしたが、良い作品でした。ハチャメチャっぷり、とんでもぶりが、まさしくサイトーの犯行でしたが、ちゃぴ様の愛されっぷりも感じて、感謝感激です。

こんなにオンナノコへのエールを感じた作品は珍しいかも。演じるちゃぴ様と月組子は今までにない体験だったかもしれませんが、出演できた娘役は逞しくなったと思うし、男役はみんな騎士道精神を任じられてより頼もしく!

“[Zuka] 月組『愛聖女-Sainte♡d’Amour-』” の続きを読む

[Zuka] 月組『BADDY』悪党(ヤツ)は必ず蘇る(終)

終わらせよう。Done is better than perfect. ←Facebookの社是らしい。

というわけで『BADDY(バッディ)-悪党(ヤツ)は月からやって来る-』です。ただいま、月組は『雨に唄えば』『THE LAST PARTY ~S.Fitzgerald’s last day~』『愛聖女-Sainte♡d’Amour-』に分かれてお稽古中ですが、珠城さんとちゃぴ様の月組は確実にpost-BADDYの時代に突入しているんでしょうね。

その前に10回目の上演となる『エリザベート』の月組ポスター。制作発表会(公式)では、小池先生が、「トート(死)は死のエネルギーそのものを表した役」「時には世界を滅ぼすほどの“死”の力」とコメントされたそうですが、私は、このステージナタリーの1枚目の珠城りょうのトートの写真に、”エネルギッシュな死”っぽさを感じて、ぜひ珠城トートには吠えて欲しいと思いました。

ちゃぴ様(愛希れいか)が、「エリザベートの“根本”を表している曲」と選んだのが『パパみたいに』。自由に憧れ、木登り、馬術、サーカスごっこが好きで、パパが大好きな少女が大人になったらどうなるのやら。”エネルギッシュな死”に抗うには強くもあらねばならないと思いますがはてさて。楽しみです。

宝塚月組「エリザベート」に小池修一郎が期待「珠城はエネルギッシュな“死”」 – ステージナタリー

月組エリザベートポスター

鏡の中にいるトート(珠城りょう)と手を合わせているけれど、目線は合っていないエリザベート(愛希れいか)。ポスターを見て、小池先生も『ポーの一族』後だと思いました。一枚の写真に物語がある。

“[Zuka] 月組『BADDY』悪党(ヤツ)は必ず蘇る(終)” の続きを読む

[Zuka] 月組『カンパニー』(3)終

月組『カンパニー/BADDY 』は5月6日(日)に大千秋楽を迎えました。おめでとうございます。

何を書こうかなぁって思ったんですが、『カンパニー/BADDY 』のことを考えながら、人って(私って)自己承認欲求と自己防衛本能と自尊心と見栄との戦いで毎日を生きているのねと、しみじみしました。ヅカファンは、絶えることなく、自己の価値観を認識する機会(舞台)を供給されるという、ほんと良い環境ですね。しみじみ。

『カンパニー』と『BADDY 』、私にとっては両方ともノイズの多い日常のような、雑然とした、でもとても大切な事を描いている2本立てでした。ノイズだらけだと逆に

見たいものしか見ない

っていう気分になりますよね(私だけかい)。

Le CINQにカンパニーの脚本を入れて欲しかったなぁ。完全に公演写真集と化している。仕方が無いのでブルーレイを流して確認をしたりしているわけです。

“[Zuka] 月組『カンパニー』(3)終” の続きを読む

[Zuka] 月組千秋楽『BADDY』(2)ヤツらの生態の謎

月組公演、千秋楽おめでとうございます。

月組の皆様、スタッフの皆様、おめでとうございました。お疲れ様でした。楽しい公演でした。東京公演までしばしの休養を。

まゆみさん(綾月 せり)
としちゃん(宇月 颯)
もっくん(貴澄 隼人)
わかばちゃん(早乙女 わかば)
ひかるくん(優 ひかる)
さつきちゃん(早桃 さつき)

ご卒業おめでとうございます。 幸せと楽しさをありがとう。これからの人生にも幸多きことを、お祈り申し上げます。みんな素敵な笑顔でした千秋楽。

_

[Zuka] 月組『BADDY-悪党は月からやって来る-』(1)

ずしゃん。足音を響かせて地球に降り立ったBADDY(珠城りょう)。サイズの合わない宇宙服をお召しです。未来のはずなのにクラシカルな宇宙服だな。

宇宙服の重さは、全部で約120kg。ぬーリアリティ。

宇宙服の歴史 デザインからみるNASA近代宇宙服の歴史と能力BIRD YARD

宇宙服に付いているヒモが引っ張られ(笑)、パカッと左右に開いた宇宙服の中からベルベット青紫スーツのBADDY登場。タバコが吸わないと酸欠になる勢いで、タバコを吸い出す!

「地球は全大陸禁煙です!!!!!!」
禁煙しなさい!!」
グッディ捜査官(愛希れいか)とポッキー捜査官(月城かなと)が声を張り上げる。ピーッピーッ

“[Zuka] 月組千秋楽『BADDY』(2)ヤツらの生態の謎” の続きを読む

[Zuka] 月組『BADDY-悪党は月からやって来る-』(1)

さて、『カンパニー』と2本立てになっているのは、上田久美子氏の初のショー作品。初日に見た時は、お芝居2本立てかよ!と思うくらい設定がしっかり錬られた芝居仕立てのショーですが、ショー仕立ての芝居とも言ってもいいくらい設定の精度が高いです。

180度違う善悪両極こなす10年目/珠城りょう  @nikkansports

トップになってから、伸び伸びしているよね、たまきさん。『月雲の皇子』で見た向こうっ気の強さも抜けたのかなと思って観ていましたが、歌劇2018年3月号のインタビューで「トート役は大変だと思いますが、”この役を珠城がやるのは想像が付かないな”と言っていただく方が、役者としては燃えるので(笑)、頑張りたいですね」とあって、向こうっ気の強さは素なのが判りましたよ!そんなたまきさんの率いる月組に、『月雲の皇子』に続く、上田オリジナル作品がやって来た!!

ショー・テント・タカラヅカ
『BADDY(バッディ)-悪党(ヤツ)は月からやって来る-』

作・演出/上田 久美子

英辞郎 on the WEB」に載っていたのは、「テントショー」なのですが、ショー・テントも同じ意味あいでしょうね。芝居「小屋」で掛けられている大衆演劇のイメージかな。

テントショー
tentshow〔野外に設営したテントで行うショー(見世物)〕

ぷしゅ

“[Zuka] 月組『BADDY-悪党は月からやって来る-』(1)” の続きを読む

[Zuka] 月組『カンパニー』(2)

『カンパニー』は、日本国内には約1万のバレエ教室があり、習い事、学習塾と同じ分類であるなどと国内のバレエを取り巻く状況なども語られるバックヤード・ストーリー。

有明製薬のCMに出ている世界的プリンシパルが出演するバレエ公演となれば、チケットはすぐに売れるだろうというのは素人考えなのか、夏祭りでフラッシュモブをやって、公演の宣伝をするアイディアが実現化される。フラッシュモブ動画をいくつか見たけれど、1人がパフォーマンスを始め、五月雨式に広がっていくイメージ。これなんか素敵。イメージはこれに近くて、私も渋谷とか新宿とか雑踏のストリートで勃発するイメージがある。フラッシュモブをイメージ通りに演劇の狭い舞台で実現するのは難しい気がしたのと、パフォーマンスが、バーバリアン、バレエ、チアリーディング、空手と種類が多くてバレエ公演の宣伝という本来の焦点がぼやけた印象を受けた。

“[Zuka] 月組『カンパニー』(2)” の続きを読む