[Zuka] 星組『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』(2)

『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』のクリアポスター(発売日:2018年9月13日)が発売されるそうです。クリアポスターはパンフレットに掲載されている4人写りと同種のものですね。下段の布袋人形4人写りと上下になっているポスターでも良かったのですが、星組キャストのみの分です。

お衣装は、お衣装部さんの労作。素晴らしい再現度だけれど、ふもふした羽根や毛皮がついた重ね着で、暑いし重そう💦。やはり人間が着るには無理が💦。

紅さんの凜雪鴉のお衣装は振り袖のように長くて、両腕がだいたい90度になっているのを良く見る。かいちゃんの殤不患のお衣装は毛皮付きで背後はマントになっているので殺陣や所作でさばくのに相当の技量がいるね。琴ちゃんの捲殘雲のも。あーちゃんの丹翡のお衣装は帽子が大きくて、首まで埋まり、袖が大きいロングドレスでこれも殺陣が大変そう。麻央くんの殺無生は、背中の二本差しが自分では差し込めないという話だし、再現率の高さは演者の困難と裏表であることよ。

ル・サンクも出ます。ル・サンク特別編集「Thunderbolt Fantasy(サンダーボルト ファンタジー)東離劍遊紀(とうりけんゆうき)」「Killer Rouge/星秀☆煌紅」(アメイジングスター キラールージュ)発売日:2018年10月5日

円盤は詳細不明ですが、台湾公演分がBD・DVD化される模様。

“[Zuka] 星組『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』(2)” の続きを読む

[Zuka] 星組『ANOTHER WORLD』(2)存在が罪

落語の宝塚化を、RAKUGO MUSICALと銘打ちますが、『ANOTHER WORLD』は落語だけではなくて和物ショーに歌舞伎、人形浄瑠璃、吉本新喜劇エッセンス、初音ミク、歌劇、日本昔話まで入った何でもあり。何という難易度の高い世界。華やかさや楽しさで隠しきれない、どう見ても難しい演目なんだけれど、考えると負けだ!という気になるほど、何でもあり。

物語を作るのも運ぶのも、紅ゆずるの康次郎。徳三郎(礼 真琴)や喜六(七海ひろき)は一緒にいると心強い仲間だが、冥土道中の方向性を決めるのはあくまで康次郎。これはあくまでも星組トップスター紅ゆずるの道行きなのだった。

(パンフレットの康次郎は全然、紅さんの素じゃんと思って見ていたら、役柄や性格が判ってないうちに撮影した模様。これはお澄さんのあーちゃんも徳三郎の琴ちゃんも同様です)。

というわけで初っぱなから紅さんが立て板に水と饒舌に船場言葉で話しまくる。一人で何人分かの語りをする落語を複数名の芝居に仕立てると、ボケと突っ込みの掛け合いが分担された吉本新喜劇的な雰囲気を醸し出す。喜六のかいちゃん(七海ひろき)も合わせて怒濤の早口で、「コロッっと逝ってなはった」と歯切れ良く言ってはるけれど、テンション上げまくりやな、がんばりなはれ、と手に汗握るw

私はですね、喜六さんを偏愛していて、初見(4/28)では「なんだ、こやつは。ワケ判らん」とか思ったりしたのですが、情深い喜六はんが日々愛おしくなっていく。居方が難しい役で、愛すべき阿呆と言っても、人間、何も気にせずにただひたすら明るく笑顔で居続けるというのはあり得ない。康次郎はんや徳三郎はんは仲間扱いしてくれるけれど、大店の旦那方と手伝やさかい、本来の立ち位置は違うはずなんですよ。それに本当のアホは、貧乏神(華形ひかる)の貧ちゃんに「あんたは自分だけ良かったらええんか」って言えないと思うし、「人間は罪深い」という思考は出てこない気がする。

極楽行きか地獄行きかで、自分の罪を思い出そうとする一行。徳三郎が女は何人も殺したぜ的な発言をした後に、喜六ちゃんの背中をツンツン突いているんですが、これは「お前さんはどっちだ?」的なツンツンなんですかね。ツンツンされて言いたくない言えない的な素振りを見せる喜六ちゃん。可愛いっす。わては閻魔大王様怒られるようなことはしてまへん、とハッタリかまして、康次郎と徳三郎に「お前は存在が罪や」って言ってもらえるけれど、「存在が罪な」阿呆ってどんな人なんだろうか。喜六の過去はいかに、と思うけれど、浄土真宗的な悪人、自分自身では煩悩を断ずる事ができない「罪悪深重の凡夫」を自覚する者なのかもしれないとか深読みする自分でした。可愛いすぎる罪か。おもろいキャラですよ、喜六はん。超がんがれ。

喜六はんのことだけで1回分が終わってしまった。えろうすんまへん。

[Zuka] 星組『ANOTHER WORLD』(1)

他の記事も書いているのですが、ひとまず手短に。

万里 柚美組長から、104期生、40名初舞台生の口上の告知があり、3名ずつの口上。パンフレットにも顔写真と日程が掲載されています。タカラジェンヌ、忙しいので、大変だと思うけれど、憧れの舞台に立てる喜びを忘れないでがんばってください。

初舞台生の私服が、黒>>>>>>紺>>>>茶>>白(インナー)の色合いで、高身長のスタイルの良い集団が、黒一色で歩いているのは、目を引きます。初舞台が終わるとこの縛りは終わるらしいので、初舞台公演の風物詩ですね。

初舞台生口上日程大階段板付きの日本舞踊のチョンパで始まる。和物ショーと見まがうばかりの華やかな幕開き。総踊りに続き、男役衆の踊り、紅さんとあーちゃんの二人舞。一気に明るいお祝いムードになるのが、谷先生の初舞台生への心遣いかなと思ってみております。

“[Zuka] 星組『ANOTHER WORLD』(1)” の続きを読む

[Zuka] 星組『うたかたの恋』(5)終

(5)で終わりです。さすがに終わる。

気持ちをギリギリに絞り込む悲恋『うたかたの恋』を見て、ルドルフもはまっているけれど、紅さんの当て書きオリジナルを見てみたいという気持ちになった。アドリブではなく日常の中での笑い、ウィットに富んだ笑いの人情話。

谷先生のRAKUGO MUSICAL『ANOTHER WORLD』はどんな感じなのかな。落語が題材の“あの世”話ということで、上方落語のボケとツッコミの世界かな。楽しみです。

かいちゃん(七海ひろき)は本人が宝塚おとめに書いた演じてみたい役が見たいです。2018年版の発売日は4月20日。

“[Zuka] 星組『うたかたの恋』(5)終” の続きを読む

[Zuka] 星組『ベルリン、わが愛』(3)

[Zuka] 星組『ベルリン、わが愛』(1)
[Zuka] 星組『ベルリン、わが愛』(2)

原稿からはみ出した部分を書き直したものです。これで終わり。

『ベルリン、わが愛』。 東京宝塚劇場公演では紅さんのテオを中心とした映画づくりに携わる若者達の情熱が強くなっていたように感じた。

“[Zuka] 星組『ベルリン、わが愛』(3)” の続きを読む

[Zuka] 星秀☆煌紅の衝撃-星組台湾公演

2018年10月~11月の星組台湾公演に向けて、現地時間の3月2日(金)、台湾台北市で制作発表記者会見が行われた模様です。宝塚歌劇団側の出演者は紅ゆずる、綺咲愛里、礼真琴。同行者は宝塚歌劇団理事長:小川 友次氏、演出家の小柳 奈穂子先生、齋藤 吉正先生。

演目はお芝居とショーの2本立て。これはふりがなを取るとシンプルなタイトルになるけれど、なんて読むの?とクエスチョンマークが並ぶやつですね。

  • 異次元武侠ミュージカル(脚本・演出/小柳 奈穂子)
    『Thunderbolt Fantasy(サンダーボルト ファンタジー)東離劍遊紀(とうりけんゆうき)』
    虚淵玄 原案・脚本・総監修「Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀」より~(c)2016-2018 Thunderbolt Fantasy Project
  • タカラヅカ・ワンダーステージ(作・演出/齋藤 吉正)
    『Killer Rouge(キラー ルージュ)/星秀☆煌紅(アメイジングスター☆キラールージュ)』

公式:『第三回 宝塚歌劇 台湾公演』記者会見(2018/03/09)

“[Zuka] 星秀☆煌紅の衝撃-星組台湾公演” の続きを読む

[Zuka] 星組『うたかたの恋』(2)

『うたかたの恋』はオーストリア皇太子ルドルフと男爵令嬢マリー・ヴェッツェラとの短く激しい恋とその結末を描いたもの。原作は史実を元に描かれたクロード・アネの小説『うたかたの恋』。今回は9回目の再演です。

ミュージカル・ロマン 
『うたかたの恋』
原作/クロード・アネ
脚本/柴田 侑宏 演出/中村 暁
19世紀末、オーストリアで実際に起こった悲恋を描いたクロード・アネの小説「マイヤーリンク」をもとに、オーストリア皇帝の嫡子ルドルフと、男爵令嬢マリー・ヴェッツェラとの許されざる恋をドラマティックに描いた傑作ミュージカル。1983年の初演以降、再演を重ねてきた、儚くも美しい愛の物語です。

“[Zuka] 星組『うたかたの恋』(2)” の続きを読む