[Zuka] 星組トップコンビ退団会見のお知らせ

星組トップスター・紅ゆずる 退団会見のお知らせ
2019/02/05

星組トップスター・紅ゆずるが、2019年10月13日の東京宝塚劇場公演『GOD OF STARS-食聖-』『Eclair Brillant(エクレール ブリアン)』の千秋楽をもって退団することとなり、2019年2月6日(水)に記者会見を行います。

__

星組トップ娘役・綺咲愛里 退団会見のお知らせ
2019/02/05

星組トップ娘役・綺咲愛里が、2019年10月13日の東京宝塚劇場公演『GOD OF STARS-食聖-』『Eclair Brillant(エクレール ブリアン)』の千秋楽をもって退団することとなり、2019年2月6日(水)に記者会見を行います。

__

同日発表と同日記者会見。仲良し。

“[Zuka] 星組トップコンビ退団会見のお知らせ” の続きを読む

[Zuka] 星組『霧深きエルベのほとり』(5)終~温故創作~

銀英伝@TAKARAZUKAでタカラヅカにハマった私が初めてお茶会というものに参加したところ、お隣の方に聞かれたんですね。「どなたがお好きなの?」。えーっと気になる人はいますけれど、全組を見てないし、よく判ってなくて。「ああ、まだ落ちてないのね」。

「落ちてない」という言葉の衝撃はすごかった。タカラヅカってそういう所なんだねというのと、「落ちる」という体験をしてみたいなと思ったんですよ。実感したのは「この人」をずっと応援しようと思ってFCに入ってからです。

“[Zuka] 星組『霧深きエルベのほとり』(5)終~温故創作~” の続きを読む

[Zuka] 七海ひろきコンピレーションアルバムと星組次回作

昨日、配信されたTCA MUSIC! Press( 1/16 Vol.155)とTCA Press2月号に七海ひろきコンピレーションアルバムのお知らせがありました。同時配信が、○花組 大劇場「BEAUTIFUL GARDEN―百花繚乱―」、星組 バウホール「New Wave!―星―」、「うたごころ。」#20など。

コンピレーションアルバムってやっぱり七海ひろき御本人が曲をセレクトしたんでしょうね。3枚あります。宙組時代、星組時代、それからプレミアム。1月26日配信。

ひろきとゆずるの「俺たちのDESTINY」が収録されているのは嬉しい。[Zuka] 星組『THE SCARLET PIMPERNEL』(2)~革命の夢 (2017/03/17)に書いていた革命の夢が叶います。ありがとう。

2月配信では、「霧深きエルベのほとり」のアルバム、【七海ひろき ディナーショー「Dearest」】のアルバムもあります。Dearestのアルバムでは、ひろきとDearestの「俺たちのDESTINY」が収録されますね。完璧✧。

ほかは月組「エリザベート」、TMPスペシャル 「夢まつり宝塚’94」など。

【七海ひろきコンピレーションアルバムシリーズ】
✩1月26日配信✩

3月24日、星組東京宝塚劇場公演千秋楽をもって退団する七海ひろきを特集して、コンピレーションアルバムをお届けします。これまで配信してきた楽曲から、宙組時代、組替え後の星組時代に歌った楽曲、そしてミュージカルもののナンバーをそれぞれ集めた3アルバムをご用意します。また、~The Star~には、タカラヅカ・スカイ・ステージの番組「Brilliant Dreams+NEXT」で、紅ゆずると歌った♪俺たちのDESTINYも収録!どうぞお楽しみに!

○七海ひろき ~The Cosmos~
○七海ひろき ~The Star~
○七海ひろき ~The Premium~

七海ひろきコンピレーション・アルバムのお知らせコンピレーション・アルバム

“[Zuka] 七海ひろきコンピレーションアルバムと星組次回作” の続きを読む

[Zuka] 星組『ESTRELLAS~星たち~』(1)

スーパー・レビュー
『ESTRELLAS(エストレージャス) ~星たち~』 55分
作・演出/中村 暁

ESTRELLAS(エストレージャス)は、スペイン語で星々(STARS)を意味する。“誰もが星のように光を与えることができる”というテーマのショー。

星組は、2017年に宝塚の伝統的な名曲を集めたレビュー『Bouquet de TAKARAZUKA』→2018年にサイトー・ヒーロー・ショーの『Killer Rouge』と来て、今回のESTRELLASで、ショーの内容がバラエティに富んでいて、飽きないですね。楽しい。

ESTRELLAS幕

“[Zuka] 星組『ESTRELLAS~星たち~』(1)” の続きを読む

[Zuka] 星組『霧深きエルベのほとり』『ESTRELLAS~星たち~』(1)

あけましておめでとうございます。初日と2日目マチソワしてきました。3日目もマチソワなんですが、ひとまず。

明日3日(木)は、NHKBSプレミアムで、午後4時00分~午後5時35分、新春・宝塚スペシャル「ESTRELLAS~星たち~」放送予定です。録画予約をお忘れなく。

2019年1月3日(木)
NHKBSプレミアム
午後4時00分~ 午後5時35分
新春・宝塚スペシャル「ESTRELLAS~星たち~」

105周年を迎える年頭に宝塚大劇場で行われる星組公演のスーパー・レビュー「ESTRELLAS~星たち~」を放送。元宝塚歌劇団トップスターの真飛聖をゲストに迎え、星組トップスター紅ゆずるによる公演のみどころインタビューも紹介。新春の宝塚大劇場での鏡開きや初日の舞台で専科の轟悠と花組、月組、宙組のトップコンビがそろって行われる「宝塚歌劇105周年 新春口上」などを交え新春の華やかなにぎわいをお届けする。

【出演】真飛聖,紅ゆずる,宝塚歌劇団星組,【ナレーション】渡邊佐和子

“[Zuka] 星組『霧深きエルベのほとり』『ESTRELLAS~星たち~』(1)” の続きを読む

[Zuka] 星組『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』(4)終~朋有り遠方より来たる

第三回台湾公演ブルーレイTAKARAZUKA in TAIWAN 2018 Stage & Documentの特集ページが出来ています。凜雪鴉(紅ゆずる)、丹翡(綺咲愛里)、捲殘雲(礼真琴)、殤不患(七海ひろき)の4人と彼らが写ったパッケージの写真あり。

[Zuka] 星組台湾公演BDと写真集

__

デザインノート 最新号に小柳奈穂子氏のインタビューが掲載されていました。

デザインノートNo.82  (2018年11月26日発売)
特集: 漫画・アニメ・ゲームのデザイン

連載:佐藤可士和の視点とデザイン
「制約」と「個性」の折り合いから生まれる、自分だけの物語
小柳奈穂子(宝塚歌劇団 演出家)×佐藤可士和

クリエイティブディレクター、アートディレクターの佐藤可士和氏との対談です。宝塚歌劇の座付き作家としての現在の小柳流の方法論にたどり着いた経過が垣間見えて興味深いですが、『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』に関連した箇所があったので引用します。

例えば、宝塚というのは男性を主役にした物語を書く必要がありますが、私自身は女性なので、女性の視点というものを大切にしています。(略)凜雪鴉という男性の主人公の視点に立って考えようとすると私にとっては難しい部分があるのですが、女性の視点に立ち、丹翡という女性をさまざな男性たちがサポートする冒険譚として捉えることで、自分らしい物語を書くことができるんです。(前掲書p.93)

産経新聞の記事【橋本奈実の芸能なで読み】
宝塚歌劇団星組トップ、紅ゆずると座付き演出家、小柳奈穂子氏に学ぶ“1行の要約” (

(略)立てた1ライン・プロットは、『主人公にお友達ができる話』だ。
ヒロインを守るクセのある仲間たちの1人で、主人公の凜雪鴉(りんせつあ)は謎の人物。「彼は何でもできる人であるがゆえに、人生に退屈していた。でも、ある人に興味を持つことで、生きる意味を見つけていく」と小柳さん。

『女性の視点に立つ』と『主人公にお友達ができる話』という2つのインタビューを合わせて考えるとまんま下の画像(紅ゆずるの凜雪鴉と綺咲愛里の丹翡)ですね。凜雪鴉のお友達というのは殤不患(七海ひろき)だと思いますが、丹翡と捲殘雲(礼真琴)は「年少のお友達」なのかな。

あーちゃんの丹翡ちゃんこそ、人形がそのまんま人間サイズになった感があった。立ち回りは経験があまりないはずですが、カッコよかった。健気で一途な丹翡ちゃんでした。

紅ゆずるの凜雪鴉と綺咲愛里の丹翡

“[Zuka] 星組『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』(4)終~朋有り遠方より来たる” の続きを読む