[Zuka] 星組『GOD OF STARS-食聖-』(1)完全なる当て書き

開幕前、紅さんはインタビューで主役のホン・シンシンを指して、「これがはまり役ってどう? って思う性格の悪さ。ここにきて、私、え? そんなんなん? って(笑い)」と答えて笑いを取っていたが、幕が開いてみれば、うん、ホン・シンシンは紅ゆずるだからこそ主役として成り立つ!と、このキャラクターを造形した演出家の小柳奈穂子紅ゆずるに賛辞を送りたい気持ちになった。

私らしく終わる 笑って「じゃあね~!」/紅ゆずる
(日刊スポーツ / 2019年7月11日)

キャトルレーブ宝塚店

“[Zuka] 星組『GOD OF STARS-食聖-』(1)完全なる当て書き” の続きを読む

[Zuka] 星組『食聖』『Éclair Brillant』見たよ。

宝塚大劇場では、7月12日(金)から、星組トップコンビ紅ゆずると綺咲愛里の退団公演となる2本立て公演『GOD OF STARS-食聖-』『Éclair Brillant(エクレール ブリアン)』が開演しています。

2019年7月12日初日

ブログの更新を溜め込んでいるので思案中ですが、観劇はしていて、花組も雪組も大劇場公演は観劇しています。星組公演は初日と3回くらい見ました。

“[Zuka] 星組『食聖』『Éclair Brillant』見たよ。” の続きを読む

[Zuka] 星組『霧深きエルベのほとり』(5)終~温故創作~

銀英伝@TAKARAZUKAでタカラヅカにハマった私が初めてお茶会というものに参加したところ、お隣の方に聞かれたんですね。「どなたがお好きなの?」。えーっと気になる人はいますけれど、全組を見てないし、よく判ってなくて。「ああ、まだ落ちてないのね」。

「落ちてない」という言葉の衝撃はすごかった。タカラヅカってそういう所なんだねというのと、「落ちる」という体験をしてみたいなと思ったんですよ。実感したのは「この人」をずっと応援しようと思ってFCに入ってからです。

“[Zuka] 星組『霧深きエルベのほとり』(5)終~温故創作~” の続きを読む

[Zuka] 星組『霧深きエルベのほとり』『ESTRELLAS~星たち~』(1)

あけましておめでとうございます。初日と2日目マチソワしてきました。3日目もマチソワなんですが、ひとまず。

明日3日(木)は、NHKBSプレミアムで、午後4時00分~午後5時35分、新春・宝塚スペシャル「ESTRELLAS~星たち~」放送予定です。録画予約をお忘れなく。

2019年1月3日(木)
NHKBSプレミアム
午後4時00分~ 午後5時35分
新春・宝塚スペシャル「ESTRELLAS~星たち~」

105周年を迎える年頭に宝塚大劇場で行われる星組公演のスーパー・レビュー「ESTRELLAS~星たち~」を放送。元宝塚歌劇団トップスターの真飛聖をゲストに迎え、星組トップスター紅ゆずるによる公演のみどころインタビューも紹介。新春の宝塚大劇場での鏡開きや初日の舞台で専科の轟悠と花組、月組、宙組のトップコンビがそろって行われる「宝塚歌劇105周年 新春口上」などを交え新春の華やかなにぎわいをお届けする。

【出演】真飛聖,紅ゆずる,宝塚歌劇団星組,【ナレーション】渡邊佐和子

“[Zuka] 星組『霧深きエルベのほとり』『ESTRELLAS~星たち~』(1)” の続きを読む

[Zuka] 星組『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』(4)終~朋有り遠方より来たる

第三回台湾公演ブルーレイTAKARAZUKA in TAIWAN 2018 Stage & Documentの特集ページが出来ています。凜雪鴉(紅ゆずる)、丹翡(綺咲愛里)、捲殘雲(礼真琴)、殤不患(七海ひろき)の4人と彼らが写ったパッケージの写真あり。

[Zuka] 星組台湾公演BDと写真集

__

デザインノート 最新号に小柳奈穂子氏のインタビューが掲載されていました。

デザインノートNo.82  (2018年11月26日発売)
特集: 漫画・アニメ・ゲームのデザイン

連載:佐藤可士和の視点とデザイン
「制約」と「個性」の折り合いから生まれる、自分だけの物語
小柳奈穂子(宝塚歌劇団 演出家)×佐藤可士和

クリエイティブディレクター、アートディレクターの佐藤可士和氏との対談です。宝塚歌劇の座付き作家としての現在の小柳流の方法論にたどり着いた経過が垣間見えて興味深いですが、『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』に関連した箇所があったので引用します。

例えば、宝塚というのは男性を主役にした物語を書く必要がありますが、私自身は女性なので、女性の視点というものを大切にしています。(略)凜雪鴉という男性の主人公の視点に立って考えようとすると私にとっては難しい部分があるのですが、女性の視点に立ち、丹翡という女性をさまざな男性たちがサポートする冒険譚として捉えることで、自分らしい物語を書くことができるんです。(前掲書p.93)

産経新聞の記事【橋本奈実の芸能なで読み】
宝塚歌劇団星組トップ、紅ゆずると座付き演出家、小柳奈穂子氏に学ぶ“1行の要約” (

(略)立てた1ライン・プロットは、『主人公にお友達ができる話』だ。
ヒロインを守るクセのある仲間たちの1人で、主人公の凜雪鴉(りんせつあ)は謎の人物。「彼は何でもできる人であるがゆえに、人生に退屈していた。でも、ある人に興味を持つことで、生きる意味を見つけていく」と小柳さん。

『女性の視点に立つ』と『主人公にお友達ができる話』という2つのインタビューを合わせて考えるとまんま下の画像(紅ゆずるの凜雪鴉と綺咲愛里の丹翡)ですね。凜雪鴉のお友達というのは殤不患(七海ひろき)だと思いますが、丹翡と捲殘雲(礼真琴)は「年少のお友達」なのかな。

あーちゃんの丹翡ちゃんこそ、人形がそのまんま人間サイズになった感があった。立ち回りは経験があまりないはずですが、カッコよかった。健気で一途な丹翡ちゃんでした。

紅ゆずるの凜雪鴉と綺咲愛里の丹翡

“[Zuka] 星組『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』(4)終~朋有り遠方より来たる” の続きを読む

[Zuka] 星組『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』(3)旅は道連れ世は情け

10月1日(月)から『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2』(サンファン2)が始まったと思ったら、12月24日で13回分が終わりますね。さびしい。

ねんどろいど 紅ゆずる」に続いて、「ねんどろいど 殤不患」が発売されるようです。商品ページはまだありません。「ねんどろいど 凜雪鴉」(2017年03月発売)、「ねんどろいど 蔑天骸」(2017年04月発売)はすでに売り切れ。ちび殤様も予約しなくては。

_

“[Zuka] 星組『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』(3)旅は道連れ世は情け” の続きを読む

[Zuka] 星組『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』(2)

『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』のクリアポスター(発売日:2018年9月13日)が発売されるそうです。クリアポスターはパンフレットに掲載されている4人写りと同種のものですね。下段の布袋人形4人写りと上下になっているポスターでも良かったのですが、星組キャストのみの分です。

お衣装は、お衣装部さんの労作。素晴らしい再現度だけれど、ふもふした羽根や毛皮がついた重ね着で、暑いし重そう💦。やはり人間が着るには無理が💦。

紅さんの凜雪鴉のお衣装は振り袖のように長くて、両腕がだいたい90度になっているのを良く見る。かいちゃんの殤不患のお衣装は毛皮付きで背後はマントになっているので殺陣や所作でさばくのに相当の技量がいるね。琴ちゃんの捲殘雲のも。あーちゃんの丹翡のお衣装は帽子が大きくて、首まで埋まり、袖が大きいロングドレスでこれも殺陣が大変そう。麻央くんの殺無生は、背中の二本差しが自分では差し込めないという話だし、再現率の高さは演者の困難と裏表であることよ。

ル・サンクも出ます。ル・サンク特別編集「Thunderbolt Fantasy(サンダーボルト ファンタジー)東離劍遊紀(とうりけんゆうき)」「Killer Rouge/星秀☆煌紅」(アメイジングスター キラールージュ)発売日:2018年10月5日

円盤は詳細不明ですが、台湾公演分がBD・DVD化される模様。

“[Zuka] 星組『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』(2)” の続きを読む