[Zuka] 花組『MESSIAH』(4)終~天草四郎陣中旗

舞台上でも掲げられる山田右衛門作が描いたという天草一揆軍の陣中旗(レプリカ)が、劇場内に展示されていました。

赤葡萄酒が入った聖杯と十字架が記されたパン。パンはイエス・キリストが最後の晩餐で弟子達に与えた聖餅で、キリストの聖体と言われているものだそう。

“[Zuka] 花組『MESSIAH』(4)終~天草四郎陣中旗” の続きを読む

[Zuka] 花組『MESSIAH』(3)百姓は生かさず殺さず

花組公演、『MESSIAH(メサイア) −異聞・天草四郎−』『BEAUTIFUL GARDEN −百花繚乱−』千秋楽おめでとうございます。

MY楽は前楽19日(日)15時公演でしたが、花組とヒロさんの熱演にやられたって感じのお芝居と花組の百花繚乱ぶりが楽しいショーでした。お疲れ様でした。東京公演までしばしの休養を。

たそ(天真みちる様)、かほちゃん(新菜かほ様)、しおんくん(桜舞しおん様)。変わってないよと思っていても、変わった部分を大切にしてください。これからの糧にきっとなります。ご卒業おめでとうございます。

亜蓮冬馬くんの休演が延びて、東京公演も全休になったようですが、落ち着いて怪我を治して貰えるといいなと思います。療養期間中にも出来ることはあるはずなので、充電できますように。お大事に。代役の皆様、がんばってくださいませ。

19日(日)15時公演が開演して15分くらいで2階で揺れを感じ、少し驚いたのですが、舞台では流れ着いた夜叉王丸と小左衛門殿がお芝居を続けているので、揺れが続けばアナウンスがあるだろうと思って観劇していましたが、キャストの皆様、スタッフの皆様、お疲れ様でした。何事もなくて良かったです。(かいちゃんや琴ちゃん、音咲いつきちゃんもご観劇だった)。

震度1だったのに、震源が浅いためか体感できたっていうほうがすごいかも。

地震情報 – 2018年8月19日 15時13分頃発生 最大震度:1 震源地:兵庫県南東部 – 日本気象協会

MESSIAH幕

“[Zuka] 花組『MESSIAH』(3)百姓は生かさず殺さず” の続きを読む

[Zuka] 花組『MESSIAH』(2)海乱鬼・夜叉王丸

『MESSIAH』が、天草四郎の「異聞」であるのは、天草四郎の設定や時系列や人間関係が本作オリジナルになっているためと思われます。演劇はフィクション(虚構)で、史実検証ではないので、オリジナル創作でも構わない。けれど、その場合は創作者による世界観の構築がとても重要になる。

VISAの明日海りおさんからの今月のメッセージ(7/20(金)に届いたもの)で、みりおさんが天草四郎の役作りのポイントを話してくれていますが、さすが土台作りが緻密だなと思います。

外部でも、日本版『マタ・ハリ』(柚希礼音主演)の訳詞・翻訳・演出を手がけた石丸さち子さんのインタビューで伺えるように、年表を自分達で作り直すくらいの作業がいるんだと思いますね。→【マタ・ハリ通信(4)】演出家・石丸さち子に訊く(げきぴあ編集部(2017年12月27日 )

ネタバレあり。まとまってません。

“[Zuka] 花組『MESSIAH』(2)海乱鬼・夜叉王丸” の続きを読む

[Zuka] 花組『MESSIAH(メサイア)−異聞・天草四郎−』

ミュージカル『MESSIAH(メサイア) −異聞・天草四郎−』
作・演出/原田諒

MESSIAH ポスター

『MESSIAH』観劇後。ポスターのみりおさん(明日海りお)は妖術使いか魔界転生と思う四郎だけれど、MESSIAHでみりおさんが演じている四郎は真っ直ぐであったかい、良いヤツだよね、先行画像とポスターの四郎から実際の舞台上の四郎には乖離があるなぁ。かれーちゃん(柚香光)の山田右衛門作もちょっと違う。ゆきちゃん(仙名 彩世)の流雨はポスターと舞台姿は近い。どこでそうなったんでしょうか。

“[Zuka] 花組『MESSIAH(メサイア)−異聞・天草四郎−』” の続きを読む

[Zuka] 花組『ポーの一族』(2)宝塚化とは

いったろう、不死身だって。年もとらない。病気も大ケガもしない。わたしたちが生きていくためには、すこしばかりの…

人間の血(エナジイ)がいるだけだよ。
老ハンナ / メリーベルと銀のばら / ポーの一族(小学館)萩尾望都

「永遠のこども」というアイディアを書くために萩尾望都氏が選んだのが、吸血鬼という存在である。バンパネラはマンイーター、人間のエナジィと赤いバラを食用にする。エナジイは、「血」であり「生気」である。

花組版では、バンパネラになったばかりのエドガー(明日海りお)は、コベントガーデンで花売り娘のディリー(音くり寿)のエナジイを吸う。音くりちゃんのディリー(ソロがあって印象的だった)のその後は判らないが、原作でエドガーに最初にエナジイを吸われた少女ディリーは死んでしまう。

騒ぎになり、エドガー達は町を出る。人間からバンパネラに変化すると意識も変わるらしい。

人ひとり殺しても後悔もないなんて。
まるで、この手と同じように冷たい。
エドガー(前掲書)

ポーツネル男爵は、エドガーを叱り飛ばして、言う。

みのった麦を刈って、人間が生命をつなぐなら、われわれは人間を刈って、生命をつないでいる。ただ、われわれの麦は知恵を持っている。あなどるとこちらがやられる。
ポーツネル男爵(前掲書)

吸血鬼のイメージを一変させた幽玄で繊細、美しく残酷な世界『ポーの一族』。

“[Zuka] 花組『ポーの一族』(2)宝塚化とは” の続きを読む

[Zuka] 花組『ポーの一族』(1)

萩尾望都氏の傑作漫画『ポーの一族』。公式の公演解説(下に引用)にあるように、小池修一郎氏が舞台化の夢を30年かけて実現させた舞台が花組公演『ポーの一族』です。宝塚大劇場公演が元旦から始まり、東宝千秋楽は3月25日(日)でした。

ミュージカル・ゴシック『ポーの一族』
原作/萩尾 望都「ポーの一族」(小学館フラワーコミックス)
脚本・演出/小池 修一郎

1972年に「別冊少女コミック」に第1作目を発表以来、少女まんがの枠を超えて幅広い読者を獲得してきた、漫画史上の傑作・萩尾望都の「ポーの一族」が宝塚歌劇に登場する。
永遠に年を取らず生き永らえていくバンパネラ“ポーの一族”。その一族に加わったエドガーが、アランやメリーベルを仲間に加え、哀しみをたたえつつ時空を超えて旅を続けるゴシック・ロマン。同作品をミュージカル化したいと夢見て宝塚歌劇団に入団した小池修一郎が、1985年に「いつか劇化させて欲しい」と申し出て以来30年余り、萩尾望都があらゆる上演希望を断り続けた幻の舞台が遂に実現する。
“[Zuka] 花組『ポーの一族』(1)” の続きを読む

[Zuka] 2016年振り返りと花組東京公演開幕

花組 東京公演開幕、おめでとうございます

上田久美子氏の大劇場作品第2弾。トップ娘役花乃まりあ退団公演である。大劇場で5回観劇したが、観る度に方向性が微妙に変わっていた。こんな作品も珍しい。東京公演もどこかで行きたい。

上田久美子氏の作品は、複雑な愛憎が交錯し、人間性が際立つ。明日海りおが出演してみたいと望んでいたというのも判る。宝塚大劇場公演中、毎日のように上田氏からダメだしやセリフの変更等があったそうだが、上田氏自身が、「走りながら直す」人であるので、みりおさんには良かったのではないか(大変だろうけれど)。

“[Zuka] 2016年振り返りと花組東京公演開幕” の続きを読む