[Zuka] 2013年星組『南太平洋』

星組公演『南太平洋』(初演1949年)を観劇した。ブロードウェイ・ミュージカル2008年リバイバル版を原田諒が潤色・演出したタカラヅカ版。第2次世界大戦中の南の島を舞台にして、フランス人農園主と米国従軍看護婦ネリーとの恋愛を中心に、戦争や人種差別の問題を描く作品である。

“[Zuka] 2013年星組『南太平洋』” の続きを読む

[Zuka] 2013年星組『宝塚ジャポニズム』

星組『宝塚ジャポニズム~序破急~』のDVD映像をキャトルレーヴで観て(観劇は1回)、星組が台湾公演に持って行く和物が、このショーで良かったと思った。序破急の3部で構成される宝塚ジャポニズムは舞踊ファンタジーと銘打たれ、日本舞踊でもなく、西洋レビューでもない、不思議な美しさがあった。

“[Zuka] 2013年星組『宝塚ジャポニズム』” の続きを読む

[Zuka] 2013花組オーシャンズ11

ちょっと体調崩してお籠もりしているので、タカラヅカ・オンデマンドで、星組版オーシャンズ11(2011年)をまた観ている【→感想】。ちえ(柚希礼音)渋い。そして、ねねちゃん(夢咲ねね)は美しいツンデレ。この映像中で格好いいラスティー役のとよこさん(涼紫央・12年退団)はご懐妊だそうで、素晴らしいこと。おめでとうございます。ともみん(夢乃聖夏)は何の役をやっても、自分のものにしちゃうよね。キャラ立ち。

“[Zuka] 2013花組オーシャンズ11” の続きを読む

[Zuka] 星組台湾

台湾公演の『怪盗楚留香(そりゅうこう)外伝-花盗人(はなぬすびと)-』の主な配役とポスターが掲載されていた。そして、台湾公演の中国語サイトも開設されていた。いつの間に・・。

中国語サイトのURLは、”http://takarazukarevue.tw”で、台湾のトップレベルドメインで開設ですね。突貫っぽいですが、ないより全然良いです。良かった。ちえ(柚希)が色っぽい~。柚希禮音と夢咲寧寧と書いてあるのが新鮮です。

台湾公演の主な配役に真風 涼帆や如月蓮の名前がないということは、『南太平洋』のほうに出演か。『南太平洋』は観劇予定ですが、残念ながら中日と台湾は行けません。どちらも良い公演になりますように。

【星組 中日劇場公演/台湾公演『怪盗楚留香外伝-花盗人-』主な配役 決定(2013/02/12)】

宝塚歌劇団 台湾公演の中国語サイトが開設

台湾公演中国語サイト画像
台湾公演中国語サイト

[Zuka] 2006年星組ベルばら

2006年星組版のフェルゼン編。フランス王妃・ルイ16世后であるマリー・アントワネット(白羽ゆり)とスウェーデン貴族フェルゼン(湖月わたる)の道ならぬ恋の行方を描く。オスカルは役替わりで、特別出演の雪組トップスター朝海ひかる。

冒頭、二人のファンの貴婦人方に騒がれつつ、フェルゼン(湖月わたる)とオスカル(朝海ひかる)が登場するシーンは、二人の立ち位置の違いとストーリーの流れを暗示するかなり重要な場面になっている。

“[Zuka] 2006年星組ベルばら” の続きを読む

[Zuka]2011年星組オーシャンズ11

花組「オーシャンズ11」のチケットを確保したので、予習で、2011年星組「オーシャンズ11」を視聴する。2011年11月から2012年2月までの公演。

もとは、1960年公開のアメリカ映画『オーシャンと十一人の仲間』のリメイク2001年版映画「オーシャンズ11」。それを小池修一郎が、タカラヅカ版に作りなおしたものが、星組オーシャンズ11。トップコンビニ加えて星組の豊富なスターたちが、小池修一郎のしっかりした脚本と演出によって存分に活躍し、充実して安定した舞台になっている。

“[Zuka]2011年星組オーシャンズ11” の続きを読む