[tweet] 怒濤の日々

2週間近く休みなしで、怒濤の日々だった。2月も毎日何か入っているので、3月頃までバタバタしているでしょう。

先日、19時半頃に大劇場前を通ったら、出待ちの列が見えた。本公演の出待ちかと思ったが、2月公演のお稽古が深夜までかかっているという噂もあるし、本当にハードスケジュールだと思う。まだまだ寒いので、生徒の皆様、入り待ち出待ちの皆様もお体をご自愛くださいますよう。

ブラックジャック舞台化がネットでも話題になっている。【『宝塚が「ブラック・ジャック」を舞台化!イケメンすぎィ!!』(はちま起稿)

■主演・・・未涼亜希
『ブラック・ジャック 許されざる者への挽歌』
原作/手塚治虫
作・演出/正塚晴彦

梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ公演 公演期間:2月9日(土)~2月17日(日)
日本青年館大ホール公演 公演期間:2月22日(金)~2月27日(水)
『ブラック・ジャック 許されざる者への挽歌』
『ブラック・ジャック 許されざる者への挽歌』

[tweet]きむみみ

昨年12月24日付けで宝塚歌劇団を退団した、雪組元トップスター音月桂(おとつき けい)と元トップ娘役の舞羽美海(まいはね みみ)が、それぞれ活動再開の模様。

記事は、キム(音月桂)の男役の体型補正をしていない写真入り。キムスマイル全開ですが、これから「女優の微笑」になっていくんだろうなぁ。宝塚GRAPHや歌劇誌のポートは、もの凄い艶っぽい素敵な写真が多かったし、女優スタイルを身につければ、たぶん無敵。

宝塚歌劇団雪組のトップスターとして活躍、昨年12月をもって退団した音月桂(32)が、EXILEのリーダー・HIRO(43)が社長を務めるプロダクション「LDH」と契約したことが21日、分かった。

「これからは、たぶん男性を演じることもないと思うので…座り方とか腕組みとか。そこは直して女性に戻らないといけないですね。髪形も17年間ショートだったんですが、どうしようかな」

 元雪組トップ・音月桂、EXILEプロダクション「LDH」と契約(スポーツ報知)

みみちゃん(舞羽美海)は、まだ公式には出ていないようですが、退団後の初仕事が、D-BOYS「チョンガンネ」ヒロインの予定だとか。

小林理事長ではないですが、これからも、幸多き人生でありますように。ご活躍をお祈りします。

[comic]かげきしょうじょ!

月刊『ジャンプ改』 (集英社)に2012年6月号より隔月連載中の『かげきしょうじょ!』(斉木久美子)。1月発売ということで、あらすじと人物紹介が載っていた。

主役は紅華歌劇団音楽学校に最下位の成績で入学した渡辺さらさと国民的アイドルJPX48を脱退し、音楽学校に入学した奈良田愛。それに同期の予科生と上 級生の本科生が加わって繰り広げる音楽学校の日常である。

百年の伝統を誇る超名門の歌劇団『紅華歌劇団』。その劇団に入団する人材を育成する音楽学校に、さらさは奇跡的に入学した。厳しい上下関係、厳密なお掃除、信じられないような訓練をなんとかガッツで乗り越えながら、今日もトップを目指して突っ走っております。嵐のようにパワーのあるさらさに何かと巻き込まれてしまうのが。愛ちゃん。迷惑に思いながらも、なぜか目が離せなくて…。女同士が織りなす物語にご期待ください!!

って、まんまやん!(笑)

元気者で型破りで周囲と全くテンションが違うさらさと、JPX48を「辞めさせられて」、仕方なく紅華に入学し、これまた周囲と全くテンションが異なる愛を中心に、今後、どんどん盛り上がりそうな予感がする。ただ隔月連載で1回につき30ページだと、単 行本化するのに1年はかかるな。

 

[dairy] 観劇予定

Twitterで流れてくるtweetでみていると、東京のほうは、大雪で大混乱のようですね。降雪になれていない都市なので、積もるとえらいことになる。経験有り(^^;)。最近、寒さにやられて週末や休みになると寝込んでいます。

観劇予定

  • 星組版を観て、がぜん楽しみになってきた花組オーシャンズ11。小池修一郎先生は、組の個性に合わせた脚本や演出をされる方なので安心。そして、専科からみっちゃん(北翔海莉)が出る!。現役ジェンヌさんの中では、飛び抜けての歌ウマさん。らんとむ(蘭寿とむ)は、ダンス良し歌良し芝居良しのトップだし、花組メンバーも充実している。楽しみ。
  • 宙組「銀英伝」博多座公演は諦めました。かいちゃん(/_;)。まだ逆転裁判3にベルばらもあるし、上方花舞台もあるし、ブラックジャックもあるさ!

NOW ON STAGEロミジュリ

  • NOW ON STAGE 月組「ロミオとジュリエット」を観て、みりお(明日海りお)は、まさお(龍真咲)に遠慮している???と思いました。トップ・準トップ体制に対する外野の声は聞こえていたでしょうしね。素直でおとなしめな性格のようですが(宝塚GRAPH2013年1月号)。ぜひ花組でも活躍してほしいです。がんばれ89期。

[Zuka]2011年星組オーシャンズ11

花組「オーシャンズ11」のチケットを確保したので、予習で、2011年星組「オーシャンズ11」を視聴する。2011年11月から2012年2月までの公演。

もとは、1960年公開のアメリカ映画『オーシャンと十一人の仲間』のリメイク2001年版映画「オーシャンズ11」。それを小池修一郎が、タカラヅカ版に作りなおしたものが、星組オーシャンズ11。トップコンビニ加えて星組の豊富なスターたちが、小池修一郎のしっかりした脚本と演出によって存分に活躍し、充実して安定した舞台になっている。

“[Zuka]2011年星組オーシャンズ11” の続きを読む