[diary] COVID-19パンデミック雑記(38)オリンピック開催への私見

東京オリンピックについて

どうよと聞かれたので、TwitterのTweetを貼っておきます。聖火リレーも始まっていますが、考えは2ヶ月前のTweetと今も変わってないです。

なぜなら2ヶ月前と状況が変わってないからです。

日本国内でのワクチン接種スケジュールがずれ込むこと
変異ウイルスが広がっていること

感染を抑え込むには、マイナス要素がプラス要素を上回る。


国内ではセンバツ高校野球が3月19日に開幕し、4月1日に東海大相模高校が優勝し終了しました。去年は開催見送りになりましたが、今年は開催できて本当によかったです。感染予防で大幅な制限があっても高校球児の春は貴重です。

センバツ高校野球の観客数は、1試合1万人に抑えられました(甲子園球場の座席数は47,508人)。

しかしながら、兵庫県では神戸市と阪神南地域(尼崎市、西宮市、芦屋市)は「まん延防止等重点措置」の重点区域となりました。甲子園球場は兵庫県西宮市にあります。全く無関係とは言い切れないでしょう。

また、神戸市は高校野球開催前から変異株(変異ウイルス)が広がっており、全国への影響も懸念されます。

これはその時の状況と感染拡大リスク、実施して得られる成果(ベネフィット)を計りにかけるしかないと思います。

オリンピックは海外からの観客の受け入れを断念する事に決まりましたが、選手団とスタッフや報道取材陣は世界各国から集まってきます。

2016年のリオデジャネイロオリンピック
参加国数207
参加選手数11,238

オリンピック参加国・選手数の推移

オリンピックを有観客で開催すれば、集まる観客数はセンバツ高校野球の比ではありません。会場内では集まった観客を統制できても、観客が市街に出た時の行動までコントロールするのは困難です。

それに、まずは集まったオリンピック選手団内で感染が広がるのを防止しなければならない。PCR検査の陰性証明があっても、入国後に2週間の隔離は必須でしょう。入国者全てに入国後2週間の隔離を行うことが出来ないのなら、東京オリンピック・パラリンピックは中止あるいはワクチン接種が普及するまで再延期がいいと考えています。

国内での競技会や単一種目の国際大会なら慎重に感染予防策を講じた上での開催は可能でしょう。国際スポーツ大会を守るためにも感染予防策の手順は違えず、原則を守ることが重要です。


2021/02/11


2021/02/28




2021/03/02


2021/03/03