[Zuka] [Book] 告知『宝塚イズム39』(6/1発売)

6月1日発売の青弓社『宝塚イズム39』(薮下 哲司(編著)/ 鶴岡 英理子(編著))のお知らせです。ただいま編集中のため詳細な目次が青弓社の書誌情報に掲載されたら、また更新します。

特集は本日、退団公演のポスターが発表されました星組トップコンビを取り上げています。小特集は美弥るりか、七海ひろきの退団と愛月ひかるの組替え。

宝塚イズム39→青弓社の書誌情報

A5判  180ページ 並製
定価 1600円+税
ISBN978-4-7872-7420-5 C0374
書店発売予定日 2019年06月01日

“[Zuka] [Book] 告知『宝塚イズム39』(6/1発売)” の続きを読む

[Zuka] 雪組『20世紀号に乗って』

ブロードウェイ・ミュージカル『20世紀号に乗って』
ON THE TWENTIETH CENTURY
潤色・演出/原田 諒
~ 

観劇は1回きりの3月23日(土)15時30分公演でした。

本作品はシカゴからニューヨークに向かう特急列車を舞台としたフィクション。1934年に映画化(監督:ハワード・ホークス)され、1978年にブロードウェイで初演、2015年にリバイバル。日本では1990年に宮本亜門演出『20世紀号に乗って』大地真央と草刈正雄のコンビで上演されている。

ブロードウェイ版は2015年リバイバルでの場面が下記で見れます。リバイバルはブロードウェイの大女優クリスティン・チェノウェスのために上演されたというだけあって、短い映像でもチェノウェスの演じるリリー・ガーランドの強気っぷりが判る。そしてピーター・ギャラガーのオスカー・ジャフィーのくたびれぶり(褒めてる)。オリバーとオーエンは初老のおじさん。ブロードウェイ版はおじさんを愛でる舞台ですな(なにか違)。

“[Zuka] 雪組『20世紀号に乗って』” の続きを読む

[Zuka] 花組トップスター・明日海りお退団会見

3月11日(月)に宝塚大劇場で花組『CASANOVA』の千秋楽とトップ娘役・仙名彩世のサヨナラショーを中継で観て、その後に夜行バスで東京に向かい、星組公演をマチソワしていた12日に花組トップスター・明日海りおの退団発表がありました。そして13日に退団会見が行われました。

花組トップスター・明日海りお 退団記者会見 | 宝塚歌劇公式ホームページ

3月13日(水)、花組トップスター・明日海りおが、Musical『A Fairy Tale -青い薔薇の精-』、レヴューロマン『シャルム!』(宝塚大劇場:2019年8月23日~9月30日、東京宝塚劇場:2019年10月18日~11月24日)をもって退団することを発表し、記者会見を行いました。

“[Zuka] 花組トップスター・明日海りお退団会見” の続きを読む

[movie]『グリーンブック』

ここのところ、映画をよく見ています。『メリー・ポピンズ リターンズ』『ボヘミアン・ラプソディ』『映画 刀剣乱舞』『万引き家族』『半世界』『グリーンブック』と1か月半くらいの間に6本くらい見ました。舞台漬けでしたが、映画もいいですね。

『グリーンブック』は実話をもとに制作された映画で、第91回アカデミー作品賞(ミュージカル・コメディ)、脚本賞、助演男優賞(マハーシャラ・アリ)受賞作。

“[movie]『グリーンブック』” の続きを読む

[Zuka_FC] そこをなんとか~フェアリーのための砦

私の大好きな弁護士漫画『そこをなんとか』(麻生みこと, 白泉社)が完結しちゃいました。全15巻。新司法試験の初年度の合格者である主人公の改世楽子が弁護士として落ちこぼれのように見えながらも解決を目指して着実にポジティブに歩んでいく姿がよくて深刻な問題も扱いながらウジウジしていないところが好きでした。

ああ、ここは『そこをなんとか』の記事じゃないです。

“[Zuka_FC] そこをなんとか~フェアリーのための砦” の続きを読む