[Zuka] 宙組の太陽~朝夏まなと退団に寄せて

タイミングを逃した。宙組の太陽が11月19日(日)に退団した東京宝塚劇場では星組公演が始まりました。止まることなく走り続けるのが宝塚というところで、それは重々承知のはずでしたが、今回ばかりはめっちゃ寂しくて、心に穴があいたような気分になっています。

宙組も 『WEST SIDE STORY』の集合日が25日(土)で、既に宙組トップスターは真風涼帆さん、新トップ娘役に星風まどか嬢が就任しています。花組から組替えの芹香斗亜さんも2番手として集合日に集まっているはず。

真風さん、まどかちゃん、おめでとうございます!!

あ、今日(11/28)は宙組DC/日本青年館公演『不滅の棘』の集合日らしいです。愛ちゃん(愛月 ひかる)主演おめでとうございます。ヒロインはららちゃん。おめでとう!!

“[Zuka] 宙組の太陽~朝夏まなと退団に寄せて” の続きを読む

[Zuka] 麗しのイレーネ~伶美うらら退団に寄せて

自己流解釈を書き連ねたブログ記事

『神々の土地』『クラシカル・ビジュー』についてはまだ書きたいこともあるんですが、ちょっとだけ、伶美うらら嬢について。歌劇11月号に上田久美子氏による「伶美うららを送る言葉」が掲載されていて、話題を呼んでいます。まぁ様こと朝夏まなとさん、ありさ(瀬音)、しーちゃん(彩花)、まやちゃん(涼華)も11月19日付けで退団されました。皆様、ご卒業おめでとうございます。

“[Zuka] 麗しのイレーネ~伶美うらら退団に寄せて” の続きを読む

[Zuka] 宙組『神々の土地~ロマノフたちの黄昏~』

東宝千秋楽(11/19)が明日に迫りました。東京遠征もしましたが、宙組トップスター朝夏まなと様退団公演の『神々の土地~ロマノフたちの黄昏~』『クラシカル ビジュー』。12月1日発売の宝塚イズム36に原稿を書いたら、満足しちゃってました。

ロシア帝政末期に起きた怪僧ラスプーチン暗殺事件を題材に、暗殺の実行者であるドミトリー・パブロヴィチ・ロマノフを主人公にし、ロマノフ家の終焉とロシア帝国の滅亡の史実に創作と改変を交えて書き下ろした上田久美子氏のオリジナル大劇場作品第三弾。

美しい物語だった。救われるものはおらず、悲劇性の高い物語だけれども、歴史の歯車とはこういうものかと思わせてくれた。そこに描かれていたのは、自分の生きる道を考え、自分に出来ることを成そうとした数多の人々の姿であり、大地に刻み込まれた人々の愛の姿であった。

上田せんせい。公演中もセリフや小道具など細部の改善を続け、美の追究に余念がなかったらしいですが、作品の緻密な構成と登場人物像の丁寧な造形が冴え渡り、まぁ様を中心に宙組が一丸となって取り組んでいる姿に観劇の度に感動していました。

“[Zuka] 宙組『神々の土地~ロマノフたちの黄昏~』” の続きを読む

[Zuka] 花組『邪馬台国の風』『Santé!!』大千秋楽@東宝

8月27日(日)花組『邪馬台国の風』『Santé!!』東京宝塚劇場が大千秋楽を迎えました。明日海りおと仙名彩世の花組新トップコンビのお披露目公演でした。花組の皆様、スタッフの皆様、おめでとうございました。お疲れ様でした。

夕霧らい様、梅咲衣舞様、お二人ともご卒業おめでとうございます!!らいらいもイブ氏も花組公演を観劇すると探してしまう人でありました。おひげをつけたジャスパー・トリング卿を演じているときでさえ、ひそかに色気を隠し持つらいらいと、ちゃきちゃきと動き回る働き者のイブ氏。『Santé!!』で二人が豪奢なお衣装を着て銀橋を渡る場面は大いなる喜びでした。千秋楽にはお揃いの赤い花のコサージュをつけ、最後の銀橋に向かうらいらいとイブ氏の幸せそうな笑顔をライブビューイングで見ながら、内心で藤井大介先生にお礼を言いました。

幸せと楽しさをありがとう。これからの人生にも幸多きことを、お祈り申し上げます。

“[Zuka] 花組『邪馬台国の風』『Santé!!』大千秋楽@東宝” の続きを読む

[Zuka] 月組『All for One』千秋楽@大劇場

月組『All for One』~ダルタニアンと太陽王~大劇場公演、千秋楽おめでとうございます。月組の皆様、スタッフの皆様、おめでとうございました。お疲れ様でした。とっても楽しい公演でした。東京公演までしばしの休養を。

輝城 みつる様、蒼矢 朋季様、紫乃 小雪様、ご卒業おめでとうございました。幸せと楽しさをありがとう。これからの人生にも幸多きことを、お祈り申し上げます。

制作記者会見で、小川理事長から「明日から宝塚で稽古を開始するのですが、作品の中身は小池先生の頭の中でございます」とのコメントがあり、稽古場キャストボイスが公開されると、進行が懸念されていた小池修一郎氏の新作でしたが、蓋を開けてみたら、大団円。いやー良かった良かった。→公式/制作発表会レポート

本作品の何が良かったって、まずテーマソング「All for One」。「互いに助け支え 戦う友よ」ってそれはまんまタカラジェンヌ。もう一つ「明日を信じて」も大好きで、テーマソングに作品の思想が込められているのを感じます。「All for One」は小池修一郎氏のタカラジェンヌ賛歌、宝塚愛の結集でした。そして珠城・愛希コンビの月組へのリスペクト。珠城さんの月組は総力戦が似合う。チーム珠城。

カーテンコールで、 珠城さんが、「宝塚に栄光あれ!」とコールした後に、観客は指2本を剣に見立ててかざし、「All for One, One for All ! 」と唱和。 そしたら、珠城さんが「これで宝塚は1つになりました」って言ってくれて、珠城さん良いトップさん好きってなりました。

憧花 ゆりの組長の終演後の挨拶では、コマちゃん(沙央 くらま)が出演する雪組公演『ひかりふる路 〜革命家、マクシミリアン・ロベスピエール〜』『SUPER VOYAGER!』-希望の海へ-の告知があり、それから月組ミュージック・パフォーマンス『MOON SKIP』 、美弥 るりか ディナーショー『Razzle』、月組全国ツアー公演『鳳凰伝』『CRYSTAL TAKARAZUKA-イメージの結晶-』、一樹 千尋と月組子が出演する専科バウ轟悠主演『神家の七人』、暁 千星主演『Arkadia -アルカディア-』のお知らせがありました。月組は毎回分割度合いがすごい。

すーさん(憧花)曰く、「私も、見るのが大変です。ここはヅカオタク、宝塚ファンとして全てご覧になっていただき一緒にヅカ話をいたしましょう!」…組長にまで言われました。月組ほんと観るのが大変そう。(^^;)

[Zuka] 星組公演『オーム・シャンティ・オーム-恋する輪廻-』

1月に国際フォーラムで上演され、7月22日(土)~8月7日(月)まで梅田芸術劇場メインホールで再演の『オーム・シャンティ・オーム -恋する輪廻-』(略称おシャンティもしくはOSO)。チケットの売れ行きが芳しくなかったようですが、国際フォーラム上演時に梅芸上演も公表しておけば、観る側のスケジュールが組みやすかったのにな、と思いました。ちなみに花組の花組公演 『Ernest in Love』も梅芸2階で観劇したときは空席がかなりあったので、やはり約2週間の公演期間中、1905席を埋めるのは難しいのだろうと推測します。

いきなり告知されたイベント「マサラ・ナイト」はものすごく楽しかったし、千秋楽は当日券完売の大盛り上がりで、終わりよければ全て良しでしたけれどね!(経営的にどうかは知らないですw)。

1月はバウ『燃ゆる風』との振り分けだったのが、7月は梅芸DC/青年館『阿弖流為』との振り分けで、半分以上のキャストが変わりました。ただ主演コンビが同じであるため、DVD及びスチール・舞台写真は販売されないということです(TCAピクチャーズからの回答)。CS(スカイステージ)の撮影は行われているので、1年後くらいに放送があると思われる。(参考:宙組博多座公演『王家に捧ぐ歌』が2016年5月上演、2017年5月CSファーストラン)。

“[Zuka] 星組公演『オーム・シャンティ・オーム-恋する輪廻-』” の続きを読む

[Movie] 映画『恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム』

7月22日(土)~8月7日(月)まで梅田芸術劇場で公演していた星組『オーム・シャンティ・オーム-恋する輪廻-』。仕事の合間に突っ込めるだけ突っ込んで観劇しました。充実した公演期間だった。楽しかった。

1月に国際フォーラムで上演したときも1回遠征したのですが、その時は紅&綺咲コンビのプレお披露目公演ということで、とにかくお祭り!華やかで楽しければおっけいと思って見ていましたが、実は歌とお芝居の荒れは気になっていた。頼むよ!星組上級生!!と思ったことは内緒だっ!←って、全然、内緒にしていませんが(笑)。

今回の再演にあたって予習で映画『恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム』(原題・Om Shanti Om)を観て、映画版の深さにやられまして、宝塚版を星組に合わせたものに換骨奪胎した小柳 奈穂子氏の手腕には相変わらず敬服しました。

“[Movie] 映画『恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム』” の続きを読む