[Zuka] [Book] 告知『宝塚イズム39』(6/1発売)

6月1日発売の青弓社『宝塚イズム39』(薮下 哲司(編著)/ 鶴岡 英理子(編著))のお知らせです。ただいま編集中のため詳細な目次が青弓社の書誌情報に掲載されたら、また更新します。

特集は本日、退団公演のポスターが発表されました星組トップコンビを取り上げています。小特集は美弥るりか、七海ひろきの退団と愛月ひかるの組替え。

宝塚イズム39→青弓社の書誌情報

A5判  180ページ 並製
定価 1600円+税
ISBN978-4-7872-7420-5 C0374
書店発売予定日 2019年06月01日

__

私は紅さん&あーちゃんへの敬愛と感謝を込めた原稿と「強火の七海担」として七海ひろきさんへのねぎらいと感謝を込めた原稿(美弥ちゃんにも少し触れています)、それと公演評2本(雪組『ファントム』と星組『エルベ』・『エストレージャス』)を担当しました。4本中3本が星組なので立派な星担と言われて否定しませんが、一応、**全組観劇派**です。

イズムは個別に原稿依頼があるので、誰が何を書くのか、どういう方向性で書くのか、見本誌が届かないと判らないので、私も毎号楽しみしています。文字ばっかりの書籍ですが、見かけたらお手にとっていただけると嬉しいです。現在は38号が店頭に並んでいます。特集は、『明日海・珠城・望海・紅・真風、充実の各組診断!』

特集 さよなら紅ゆずる&綺咲愛里

 

10月13日付での退団を発表した星組生え抜きトップコンビの紅ゆずる・綺咲愛里。紅は長身と華やかな容姿、王道からコメディーまでの幅広い演技力、独自のスター性で、綺咲は屈指の美貌と高レベルの演技やダンスで、それぞれファンを魅了して星組を紅色に染め上げた。特集では、同時退団する2人に感謝と惜別を送る。

小特集 美弥・七海・愛月、105周年の決断

 

小特集では、退団や異動を発表した月組・美弥るりか、星組・七海ひろき、宙組・愛月ひかる3人それぞれの決断に迫って、心からの「ありがとう」と今後へのエールをつづる。

●公演評

雪組『ファントム』
星組『霧深きエルベのほとり』『ESTRELLAS』
花組『CASANOVA』
月組『夢現無双』『クルンテープ 天使の都』
宙組『オーシャンズ11』

★薮下&鶴岡対談(バウ、ドラマシティ、全国ツアー分)

●連載★新人公演半年分のまとめ
●OG公演評
●OGロングインタビュー